sa(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sa

前のページ 上に戻る 次のページ

sa




解説

     sa は、システムアカウント統計情報の表示と、アカウント情報ファイルの維持管
     理を行います。

     sa を使えば、 /var/account/acct に含まれる情報を、サマリファイル
     /var/account/savacct/var/account/usracct に凝縮して収めることができま
     す。これらのファイルには、コマンド名やユーザ ID にもとづいたシステムの統
     計情報が記録されます。これらのサマリファイルは、 /var/account/acct が 1
     日に数百ブロックも大きくなるような利用者の多いシステムでは必要になりま
     す。通常、アカウント情報ファイルの前にサマリファイルを読み込むため、レポ
     ートには全ての保存されている情報が含まれます。

     file が与えられると、 /var/account/acct のかわりにそのファイルが読み込ま
     れます。各ファイルが読み込まれたあと、サマリファイルを更新する必要があれ
     ばディスクにセーブされます。最後のファイルが処理されたあと、報告が表示さ
     れます。

     個々のオプションで指定されるものを除いて、以下に示すラベルが出力で使われ
     ます。

     avio   実行時の I/O 操作の平均回数

     cp     ユーザ時間とシステム時間の合計(単位:分)

     cpu    cp と同じ

     k      CPU 時間1秒あたりのメモリ使用量(単位:KB)

     k*sec  CPU 時間で積分したメモリ使用量(単位:1KB秒)

     re     実時間(単位:分)

     s      システム時間(単位:分)

     tio    I/O 操作の合計回数

     u      ユーザ時間(単位:分)

     オプション:

     -a      全コマンド名を表示します。表示できない文字を含んだコマンドなども
             含みます。デフォルトでは表示できない文字を含むコマンド
             は、``***other'' に含まれます。

     -b      コマンド統計情報を表示する場合、ユーザ時間とシステム時間の合計を
             コマンドの呼び出し回数で割った値でソートして表示します。

     -c      表示される呼び出し回数・実時間・CPU 時間それぞれに関して、コマン
             ド全体に対するそのコマンドの割合をパーセンテージ表示します。

     -d      コマンド統計情報を表示する場合は、ディスク I/O 操作の平均回数でソ
             量でソートします。ユーザ統計を表示する場合は、 CPU 時間 1 秒あた
             りのメモリ使用量を表示します。

     -K      コマンド統計を表示する場合は、CPU 時間で積分したメモリ使用量を表
             示し、これでソートします。

     -l      システム時間とユーザ時間を別々に表示します。普通は合計して表示さ
             れます。

     -m      コマンド統計情報のかわりに、ユーザ統計を表示します。

     -n      呼び出し回数でソートします。

     -q      エラーメッセージ以外の出力は行いません。

     -r      逆順でソートします。

     -s      データをサマリファイルに加えたあと、アカウント情報ファイルを空に
             します。

     -t      各コマンドごとに、実時間/CPU 時間(システムとユーザ時間)の値を表示
             します。 CPU時間が小さすぎる場合は、``*ignore*'' が表示されます。

     -u      他のオプションを打ち消して、アカウント情報ファイルからユーザ ID、
             CPU を使用した合計秒数、合計メモリ使用量、I/O 操作回数、コマンド
             名を表示します。

     -v cutoff

             cutoff 時間以下のコマンドについて、コマンド名を表示し、ユーザに問
             い合わせを行います。返答として ``y'' で始まる文字列を入力すると、
             そのコマンドは ``**junk**'' に分類されます。このオプションは、報
             告のなかから意味のないコマンドを取り除くために使われます。

     デフォルトでは、コマンド統計を表示します。各行には、コマンドの呼び出し回
     数、コマンドの経過時間(分)、ユーザ時間とシステム時間を合計した CPU 時間、
     平均の I/O 操作回数、CPU 時間 1 秒あたりのメモリ使用量、コマンド名が列挙
     されます。 -m が指定された場合は、ユーザ統計を表示します。それぞれの行
     は、各ユーザのユーザ名、コマンド実行回数、合計 CPU 時間(分)、合計I/O操作
     回数、 CPU 時間で積分したメモリ使用量から構成されています。もし -u が指定
     されると、アカウント情報ファイルに記録されている各エントリを表示します。
     各行は、ユーザ ID、CPU 時間(秒)、CPU 時間で積分したメモリ使用量、 I/O 操
     作回数、コマンド名から構成されています。

     -u が指定されると、 -q を除いて、他のオプションは無視されます。 -m が指定
     されると、 -b, -d, -i, -k, -q, -s フラグだけが認識されます。


診断

     ユーティリティ sa は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了しま
     す。


関連ファイル

     せん。


注意

     この sa のオプションは、オリジナルの sa をもとにしていますが、内部的にも
     ですが明らかに外部的にも変更点があります。特に -q が追加され、 -m は以前
     よりも多くのオプションが利用可能です。

     サマリファイルのフォーマットはオリジナルのものから変更されていますが、ユ
     ーザ id が 32ビットになってアカウントのフォーマットも変更されているので、
     これは問題ありません。


作者

     Chris G. Demetriou <cgd@postgres.berkeley.edu>

FreeBSD 4.4                    February 25, 1994                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス