rtsol(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rtsol

前のページ 上に戻る 次のページ

rtsol


     rtsold [-dDfm1] -a
     rtsol [-dD] interface ...
     rtsol [-dD] -a


解説

     rtsold は、ICMPv6 ルータ要請メッセージを、指定されたインタフェース上で送
     信します。ノードがリンクに (再) 接続された場合、 rtsold は、リンクローカ
     ルスコープの全ルータ宛マルチキャストアドレスへ、ルータ要請メッセージを送
     信します。これは、新規ルータを発見して非リンクローカルアドレスを取得する
     ことを目的としています。

     rtsold は、IPv6 ホスト (非ルータノード) のみで実行すべきです。

     本プログラムを rtsol として起動した場合、デーモンにならずに、プローブを指
     定した interface から送出します。言い換えるなら、 rtsol は ``rtsold -f1
     interfaces'' のように動作します。

     特に rtsold は、次のいずれかのイベント後に、最大 3 個のルータ要請を単一イ
     ンタフェースから送信します:

     o   rtsold デーモンの起動直後。
     o   一時的なインタフェース障害後のインタフェース立ち上げ。 rtsold は、定
         期的にインタフェースの状態が活動中か否かを調べ、この種の障害を検出し
         ます。ネットワークカードとドライバによっては、リンク状態を引き出すこ
         とを許さないものがあることに注意してください。このような場合、 rtsold
         はインタフェース状態の変化を検出できません。
     o   -m オプションが指定され、 rtsold デーモンがインタフェース状態を取得で
         きない場合、60 秒毎。この機能は IPv6 近隣探索仕様に適合しませんが、可
         搬ステーション用に提供されています。ルータ通知のデフォルトインターバ
         ルは 10 分単位ですが、これは可搬ステーションにとってはやや長いです。
         この機能はこのようなステーション用に提供されており、ステーションが他
         のリンクに接続された後すみやかに新しいルータを発見できるようにしま
         す。

     ひとたび rtsold がルータ要請を送信して有効なルータ通知を受信すると、前述
     のいずれかのイベントが発生するまで、このインタフェースからはもう要請を送
     信しなくなります。

     インタフェース上でルータ要請を送信するとき、このインタフェースがリンク層
     アドレスを持つ場合には、 rtsold は始点リンク層アドレスオプションを含めま
     す。

     シグナル SIGUSR1 を受信すると、 rtsold は現在の内部状態を
     /var/run/rtsold.dump にダンプします。


オプション

     -a      出力インタフェースを自動検出します。 rtsold は、非ループバック、
             非 point-to-point、 IPv6 可能なインタフェースを見付けようとしま
             す。 rtsold が複数のインタフェースを見付けると、 rtsold はエラー
             で終了します。

     -d      デバッギングを有効にします。
     -1      1 回だけ調べます。有効なルータ通知パケットが、各 interface 上で最
             低 1 度は到着するまで、ルータ要請パケットを送ってから、終了しま
             す。


診断

     ユーティリティ rtsold は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了
     します。


関連ファイル

     /var/run/rtsold.pid   現在実行中の rtsold の PID。
     /var/run/rtsold.dump  ここに内部状態をダンプします。


関連項目

     rtadvd(8), sysctl(8)


歴史

     rtsold コマンドは、WIDE/KAME IPv6 プロトコルスタックキットではじめて登場
     した rtsol を元にしています。 rtsol は現在 rtsold(8) に組み込まれていま
     す。


バグ

     オペレーティングシステムによっては、 PCMCIA ネットワークカードを取り除い
     て再挿入したときに、対応するインデックスが変わってしまうものがあります。
     しかしながら、 rtsold はそのような変更の発生を仮定せず、起動時に得たイン
     デックスを常に使用します。その結果、ネットワークカードを再挿入したときに
     rtsold が動作しないかもしれません。そのような場合には、 rtsold を殺して再
     起動してください。

     IPv6 自動設定仕様は、単一インタフェースホストを仮定しています。複数インタ
     フェースを持つホストを自動設定しようとする場合、カーネルのエラーメッセー
     ジを見ると良いでしょう。また、 rtsold が複数の interface を受け付けること
     は、矛盾して見えます。

FreeBSD 4.4                      May 17, 1998                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス