rtquery(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rtquery

前のページ 上に戻る 次のページ

rtquery


     rtquery [-t op] host ...


解説

     rtquery は、RIP ネットワークルーティングデーモン、すなわち、 routed(8) あ
     るいは gated(8)request ないし poll コマンドを送る事によりそのルーティ
     ングテーブルの問い合わせを行います。返答のあった全てのルーティング 応答パ
     ケットについてのルーティング情報が数値およびシンボル名を用いて表示されま
     す。

     デフォルトでは、 rtqueryrequest コマンドを使用します。 -p オプション
     が指定された場合、 rtquerypoll コマンドを使用します。これは、
     gated(8) でサポートされている、RIP プロトコルへの文書化されていない拡張コ
     マンドです。 gated(8) への問い合わせを行う場合は、 request コマンドより
     poll コマンドを使用する事をお薦めします。なぜなら、応答が Split Horizon
     や Poisoned Reverse の影響を受けることがなく、また、ある種のバージョンの
     gated(8) は、 request に対して返答を行わないからです。 routed(8)poll
     コマンドに対しては返答しませんが、 rtquery からの request コマンドを認識
     し、完全な返答をします。

     rtquery は、 routed(8) のトレース機能を有効にしたり無効にしたりする場合に
     も用いられます。

     以下のオプションを使用可能です:

     -n      ネットワークおよびホスト番号に対し、シンボル名および数値の両方で
             なく、数値のみで表示します。

     -p      gated(8) から得られる完全なルーティング情報を得るために Poll コマ
             ンドを使用します。これは、 gated(8) のみでサポートされている、RIP
             プロトコルへの文書化されていない拡張コマンドです。

     -1      RIP バージョン 2 ではなく、RIP バージョン 1 を使用して問い合わせ
             を行います。

     -w timeout
             各ホストから返答を待つ猶予時間を変更します。デフォルトでは、返答
             があるまで 15 秒間待ちます。

     -r addr
             到達先 addr への経路を問い合わせます。

     -a passwd=XXX

     -a md5_passwd=XXX|KeyID
             問い合わせの際に、指定されたクリアテキストないし MD5 のパスワード
             を使用します。

     -t op   トレース方法を変更します。 op には、以下のうちのひとつを指定しま
             す。通常、UID 0 以外のプロセスからの問い合わせや、遠隔ネットワー
             クからの問い合わせは、システムのログにメッセージを記録するだけ
             で、無視されます。 gated(8) は、大抵、これらのデバッグの問い合わ
             せを無視します。


関連項目

     gated(8), routed(8)

     Routing Information Protocol, RIPv1, RFC1058.

     Routing Information Protocol, RIPv2, RFC1723.

4.4BSD                           June 1, 1996                           4.4BSD

ABELNET VPSサービス