rtadvd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rtadvd

前のページ 上に戻る 次のページ

rtadvd




解説

     rtadvd は指定された interfaces に対してルータ通知パケットを送信します。

     このプログラムは実行時に自身をデーモン化します。そして、定期的にルータ通
     知パケットを送信します。また、エンドホストが送信したルータ要請メッセージ
     に対しても、これで応答します。

     ルータ通知は、インタフェース毎に設定可能であり、 rtadvd.conf(5) で記述さ
     れています。

     設定ファイル中でインタフェースに対する記述が存在しない、または設定ファイ
     ルが存在しない場合には、 rtadvd は全てのパラメータに対してデフォルト値を
     設定します。特に、 rtadvd は全てのインタフェースの経路を経路表より取得
     し、リンク上のプレフィックスとして通知します。

     rtadvd はまた、経路表を監視します。デフォルトでは、もしインタフェースダイ
     レクト経路が通知しているインタフェースに追加もしくは削除された場合で、設
     定ファイルに静的なプレフィックスが指定されていない場合、 rtadvd は対応す
     るプレフィックスを通知リストへ追加もしくは削除します。この機能を有効とし
     たくない場合、 -s オプションを起動時に指定可能です。さらに、通知中のイン
     タフェースの状態が変わった場合、最新状態に基づいて、 rtadvd はルータ通知
     を開始または停止します。

     基本的には、ホストは、ルータ通知メッセージを如何なる時にも送出しては「な
     りません」 (RFC 2461 の 6.2.3 節)。しかしながら、プレフィックス情報やリン
     ク MTU といったパラメータの通知をホストに許すと有用な場合があります。よっ
     て、すべての通知を行っているインタフェース上でルータの有効期間を明示的に
     0 に設定している場合、 rtadvd を起動可能です。

     コマンドラインオプションは次の通りです:

     -c      設定ファイルとして代わりの場所 configfile を指定します。デフォル
             トでは /etc/rtadvd.conf が使用されます。

     -d      デバッグ情報を表示します。

     -D      より詳細なデバッグ情報を表示します。

     -f      フォアグランドモードです (デバッグ時に有用です)。

     -M      全ルータサイトローカルマルチキャストグループに加入するよう、イン
             タフェースに指示します。デフォルトでは、 rtadvd は、通知を行うイ
             ンタフェースで最初にコマンドラインに登場するものに加入します。本
             オプションは、ルーティングリナンバリングサポートを有効にする -R
             オプションと共に指定した場合のみ有用です。

     -R      ルータリナンバリング (ルータの番号付け直し) 要求を受け付けます。
             これを有効にする場合、セキュリティ上の理由から、IPsec の設定をお
             勧めします。 KAME ベースのシステムでは、 rrenumd(8) は、ルータリ
             ナンバリング要求パケットを生成します。本オプションは、現在無効化
             されており、 rtadvd は、警告メッセージを表示して無視します。


関連ファイル

     /etc/rtadvd.conf                  デフォルトの設定ファイル。
     /var/run/rtadvd.pid               現在実行中の rtadvd の PID を含みます。
     /var/run/rtadvd.dump              rtadvd の内部状態をここにダンプします。


関連項目

     rtadvd.conf(5), rrenumd(8), rtsol(8)


歴史

     rtadvd コマンドは WIDE Hydrangea IPv6 プロトコルスタックキットではじめて
     登場しました。


警告

     以前の記述でのユーザへの推奨は、望まない icmp6(4) リダイレクトメッセージ
     を避けるために、ルータ通知メッセージを rtadvd が上流リンクへ通知しないよ
     うにするというものでした。しかしながら、IETF ipng ワーキンググループでの
     後の議論によると、到達性を保証するために、ネットワークトポロジに依存せず
     に全ルータはメッセージを通知すべきです。

FreeBSD 4.4                      May 17, 1998                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス