rrenumd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rrenumd

前のページ 上に戻る 次のページ

rrenumd




解説

     rrenumd は、ルータリナンバリング要求パケットを送信し、サイトネットワーク
     中のルータをリナンバリング (番号付け直し) します。

     KAME ベースシステムでは、ルータリナンバリング要求パケットは rtadvd(8) が
     送受信します。他のシステムでは、適切な文書を参照してください。

     本プログラムは起動時に自己をデーモン化します。また、 -s 指定時には標準入
     力から設定情報を読み込み、 -c conf_file 指定時には conf_file から設定情報
     を読み込みます。

     設定情報の内容は rrenumd.conf(5) に記述されています。

     設定が成功すると、 rrenumd は定期的に、ルータリナンバリングメッセージを、
     設定された宛先に送信します。メッセージには、リナンバリングされるように設
     定されたプレフィックスを含みます。

     -d      デバッグモード。

     -f      フォアグラウンドモード。デーモンになりません。

     -s      スクリプトモード。設定情報は標準入力から取得されます。

     -c conf_file
             設定情報が保持されている設定ファイルを指定します。


戻り値

     成功時には 0 で、失敗時には非 0 で、プログラムは終了します。


関連項目

     rrenumd.conf(5), rtadvd(8)


規格

     Matt Crawford, Router Renumbering for IPv6, RFC, 2894, August 2000.


歴史

     rrenumd コマンドは KAME IPv6 プロトコルスタックキットではじめて登場しまし
     た。

FreeBSD 4.4                    September 7, 1998                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス