rpcinfo(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rpcinfo

前のページ 上に戻る 次のページ

rpcinfo


     rpcinfo [-n portnum] -u host program [version]
     rpcinfo [-n portnum] -t host program [version]
     rpcinfo -b program version
     rpcinfo -d program version


解説

     rpcinfo は、 RPC サーバに対して RPC 呼び出しを行ない、得られた情報を表示
     します。


オプション

     -p      指定されたホスト上のポートマッパーを検出し、そこに登録されている
             全ての RPC プログラムの一覧を出力します。 host が指定されない場
             合、 hostname(1) コマンドをオプション無しで実行した時に出力される
             ホスト名が host として採用されます。

     -u      UDP プロトコルを用いて、指定したホスト上のプログラムの手続き 0 に
             対して RPC 呼び出しを行ないます。そして、応答があったかどうかを報
             告します。

     -t      TCP プロトコルを用いて、指定したホスト上のプログラムの手続き 0 に
             対して RPC 呼び出しを行ないます。そして、応答があったかどうかを報
             告します。

     -n      -t-u オプション使用時に、ポートマッパーに与えられたポート番号
             のかわりに、引数 portnum で指定した番号をポート番号として用いま
             す。

     -b      UDP プロトコルを用いて、引数 program および version で指定したプ
             ログラムに対し、手続き 0 に RPC ブロードキャストを行ないます。そ
             して、応答のあった全てのホストについてのレポートを出力します。

     -d      引数 program および version で指定したプログラムの RPC サービスへ
             の登録を削除します。本オプションは、スーパユーザのみ指定可能で
             す。

     引数 program は、名称・番号のいずれでも構いません。

     もし引数 version が指定されると、 rpcinfo は引数 program で指定されたプロ
     グラムのそのバージョンの呼び出しを試みます。 version が指定されなかった場
     合、 rpcinfoprogram で指定されたプログラムに対してバージョン 0 呼びだ
     しを行なうことで、全ての登録されているバージョンについて検索を試みます (
     バージョン 0 は存在しないと仮定してのものです。もし存在すれば rpcinfo は
     極端に高いバージョンを使って情報を得ようとします)。 -b および -d オプショ
     ンには、バージョン番号の指定が必要であることに注意して下さい。


使用例

     ローカルマシンに登録されている全ての RPC サービスを見るには、次のようにし
     ます:

           example% rpcinfo -p

     ホスト名 klaxon 上に登録されている全ての RPC サービスを見るには、次のよう
           example% rpcinfo -d walld 1


関連項目

     rpc(5), portmap(8)

     RPC Programming Guide.


バグ

     SunOS 3.0 以前のリリースでは、ネットワークファイルシステム ( NFS ) がポー
     トマッパーに登録されていません。そのため rpcinfo は、そのような OS が稼働
     しているマシンに対して RPC 呼び出しを行なうことが出来ません。

FreeBSD 4.4                    December 17, 1987                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス