route6d(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

route6d

前のページ 上に戻る 次のページ

route6d


             [-L prefix/preflen,if1[,if2...]] [-N if1[,if2...]]
             [-O prefix/preflen,if1[,if2...]] [-T if1[,if2...]] [-t tag]


解説

     route6d は RIP over IPv6 をサポートするルーティングデーモンです。

     オプションは以下の通りです。

     -a      静的に定義された経路のエイジングを有効にします。このオプションが
             指定されると、静的に定義された経路は、あたかも route6d の開始時に
             その経路を受け取ったかのように、対応する経路更新情報が到着しない
             と削除されことになります。

     -R routelog
             このオプションは route6d にファイル routelog へ経路の変更 (追加/
             削除) を記録させます。

     -A prefix/preflen,if1[,if2...]
             このオプションは経路の集約のために使用されます。 prefix/preflen
             は集約される経路のプレフィックスとプレフィックス長を指定します。
             経路を通知する時、 route6d は、集約に含まれる特定の経路をフィルタ
             し、集約された経路 prefix/preflen を、コンマで区切られたリストで
             指定されたインタフェース if1[,if2...] へ通知します。 route6d は、
             カーネルルーティングテーブル内に、 prefix/preflen への静的な経路
             を RTF_REJECT フラグ付で作成します。

     -d      デバックメッセージの出力を有効にします。このオプションは route6d
             に (デーモンモードではなく) フォアグラウンドモードで動作するよう
             にも指示します。

     -D      デバッグメッセージの拡張出力を有効にします。このオプションは
             route6d に (デーモンモードではなく) フォアグラウンドモードで動作
             するようにも指示します。

     -h      split horizon 処理を無効にします。

     -l      route6d はデフォルトでは安全上の理由からサイトローカルの経路を交
             換しません。これはサイトローカルのアドレス空間はあいまいであり (
             仕様は現在もまだ検討中です)
              、サイトローカルの境界を定義する良い方法がないためです。 -l オプ
             ションを指定すると、 route6d はサイトローカルアドレスも変更しま
             す。 -l オプションは全てのインタフェースが同じサイト内にあると仮
             定しているため、このオプションはサイトの境界ルータでは使用しては
             いけません。

     -L prefix/preflen,if1[,if2...]
             インタフェース if1,[if2...] から到着する経路をフィルタします。
             route6dprefix/preflen の範囲内の経路を受け入れます。 -L オプ
             ションが複数指定された場合、オプションのうちのどれかひとつに適合
             する任意の経路が受け入れられます。 ::/0 は特別にデフォルト経路と
             して扱われ、 ``0 以上のプレフィクス長を持つ任意の経路'' とはなり
             ません。任意の経路を受け入れたい場合には、 -L オプションを指定し

     -q      route6d を待ち受けモードにします。通知は送信されません。

     -s      route6d を起動された時にカーネルルーティングテーブル内に存在する
             静的に定義された経路を通知するようにします。通知は一般的な split
             horizon 規則に従います。

     -S      このオプションは split horizon が適用されないことを除けば -s オプ
             ションと同じです。

     -T if1[,if2...]
             if1,[if2...] へはデフォルト経路のみを通知します。

     -t tag  発信元となる経路エントリに経路タグ tag をつけます。 tag は 10 進
             数でも、 0 を前置する 8 進数でも、 0x を前置する 16 進数も指定可
             能です。

     シグナル SIGINT か SIGUSR1 の受信により、 route6d は現在の内部状態を
     /var/run/route6d_dump にダンプをとります。


関連ファイル

     SIGINT や SIGUSR1 に対して
     /var/run/route6d_dump  へ内部状態のダンプをとります。


関連項目

     G. Malkin and R. Minnear, RIPng for IPv6, RFC2080, January 1997.


     route6d はリンクローカルアドレスを使用して相手と通信をするために、
     RFC2292 で定義された IPv6 advanced API を使用します。

     route6d は内部的にはインタフェース識別子をリンクローカルアドレス
     (fe80::xx と ff02::xx) の 32 から 63 ビットに埋め込みますので、それらは内
     部状態のダンプファイル (/var/run/route6d_dump) で見ることで出来るでしょ
     う。

     ルーティングテーブルの操作は IPv6 の実装毎に異なります。現在、 route6d は
     WIDE Hydrangea/KAME IPv6 kernel に従い、他のプラットホームでは動作出来ま
     せん。

     現在の route6d は、更新が連続到着しても、引き起こされる更新の頻度を減らし
     ません。

FreeBSD 4.4                    January 31, 1997                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス