rmt(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rmt

前のページ 上に戻る 次のページ

rmt


     rmt


解説

     rmt は、リモートダンプおよびリストアを行なうプログラムから、プロセス間通
     信を用いて磁気テープドライブを操作するために用いられます。 rmt は、通常は
     rexec(3) もしくは rcmd(3) からの呼び出しに応じて起動されます。

     rmt は、磁気テープの操作要求を受け付け、コマンドを実行します。その後、状
     態を返却します。全ての応答は、 ASCII 文字列および以下の 2 つの形式を組み
     合わせて行なわれます。コマンド実行が成功した場合は、以下の応答がありま
     す。

           Anumber\n

     number は、10 進の ASCII 表現です。コマンド実行が失敗した場合には、以下の
     応答があります。

           Eerror-number\nerror-message\n

     error-number は、 intro(2) に記述のあるエラー番号であり、 error-message
     は、 perror(3) によって出力されるエラー文字列です。プロトコルは、以下のコ
     マンドを含み、コマンドと引数の間、もしくは引数間ではスペースは挿入されま
     せん。 `\n' の表示は、その部分で改行が要求されています:

     Odevice\nmode\n
             指定された devidemode で指定された属性でオープンします。
             device はフルパスで指定され、 modeopen(2) で用いられる 10 進
             の ASCII 表現です。すでにデバイスがオープンされていた場合、そのデ
             バイスは一旦クローズされ、再びオープンされます。

     Cdevice\n
             現在オープンされているデバイスをクローズします。 device 指定は無
             視されます。

     Lwhence\noffset\n
             指定された引数を用いて、 lseek(2) を実行します。返却値の意味は、
             lseek システムコールのそれと同じです。

     Wcount\n
             オープンされているデバイスに対し、データを書き込みます。 rmt は、
             要求元から count バイトのデータを読み込みます。予期しない EOF を
             読み込んだ場合、異常終了します。本コマンドの返却値は、 write(2)
             システムコールと同じです。

     Rcount\n
             オープンされてるデバイスから count バイトだけのデータを読み込みま
             す。 count がデータバッファのサイズ (10kバイト) を超える場合、デ
             ータバッファサイズに切り詰められます。 rmtread(2) システムコ
             ールを実行し、読み込みが成功すると Acount-read\n と返答します。そ
             うでなければ、標準的な形式でエラーが返却されます。読み込みが成功
             すると、読み込まれたデータは要求元に送信されます。

     全ての返答は、上記の通りです。


関連項目

     rcmd(3), rexec(3), mtio(4), rdump(8), rrestore(8)


バグ

     本コマンドをリモートファイルアクセスプロトコルとして使用しないで下さい。


歴史

     rmt コマンドは 4.2BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 1, 1994                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス