revnetgroup(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

revnetgroup

前のページ 上に戻る 次のページ

revnetgroup


     revnetgroup -h [-f netgroup_file]


解説

     revnetgroupnetgroup(5) フォーマットのファイル内容を処理し、 逆ネット
     グループと呼ばれる形式に変換します。元のファイルでは、あるグループが含む
     メンバを示す形式でネットグループのメンバが示されます。逆ネットグループ
     フォーマットでは、あるメンバが属するグループを示します。この情報は
     netgroup.byusernetgroup.byhosts の NIS マップを作成するために使用しま
     す。これらの逆ネットグループマップは、ネットグループの参照、特に
     innetgr() ライブラリ関数を高速化するために使用されます。

     例えば、標準の /etc/netgroup ファイルはネットグループとそのメンバリストを
     列挙します。ここで、ネットグループは キーであるとし、メンバ名を データで
     あるとします。これに対し、逆の netgroup.byusers データベースは、ユニーク
     なメンバをキーとし、メンバが属するネットグループをデータとします。ユーザ
     とホストに属する情報を保持する別々のデータベースを作成します; これによ
     り、ネットグループユーザ名参照とネットグループホスト名参照が独立のキー空
     間にて実行されます。

     あらかじめ逆ネットグループデータベース (およびこれに対応する NIS マップ)
     を構築することにより、要求ごとに getnetgrent(3) ライブラリ関数が依存関係
     を処理しなくても良くなります。これは、ユーザ数及びホスト数が多いネットワ
     ークでは重要です。なぜなら、巨大なネットグループデータベースの処理は多大
     な時間を要するからです。

     revnetgroup コマンドは結果を標準出力に表示します。通常は /var/yp/Makefile
     から呼ばれるだけであり、これは NIS ネットグループマップを構築する時です。


オプション

     revnetgroup コマンドは以下のオプションをサポートします:

     -u      netgroup.byuser を生成します; 元のネットグループファイルのユーザ
             名情報のみが処理されます。

     -h      netgroup.byhost を生成します; 元のネットグループファイルのホスト
             名情報のみが処理されます。( -u-h のいずれかを指定する必要が有
             ります。)

     [-f netgroup_file]
             revnetgroup コマンドは /etc/netgroup をデフォルトの入力ファイルと
             します。 -f フラグにて、ユーザは別の入力ファイルを指定できま
             す。``-'' を入力ファイルとして指定すると、 revnetgroup は標準入力
             を読みます。


関連ファイル

     /var/yp/Makefile  NIS データベースを構築するために yp_mkdbrevnetgroup
                       を呼び出す Makefile。
     /etc/netgroup     デフォルトのネットグループデータベースファイル。ほとん
                       どの場合、 NIS マスタサーバにだけ有ります。


関連項目

     getnetgrent(3), yp(4), netgroup(5), yp_mkdb(8)

ABELNET VPSサービス