restore(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

restore

前のページ 上に戻る 次のページ

restore


     restore -i [-chkmNuvy] [-b blocksize] [-f file] [-s fileno]
     restore -R [-ckNuvy] [-b blocksize] [-f file] [-s fileno]
     restore -r [-ckNuvy] [-b blocksize] [-f file] [-s fileno]
     restore -t [-chkNuvy] [-b blocksize] [-f file] [-s fileno] [file ...]
     restore -x [-chkmNuvy] [-b blocksize] [-f file] [-s fileno] [file ...]

     ( 4.3BSD オプション文法はバックワードコンパチビリティのために実装されてい
     ますが、ここには記載していません。)


解説

     restoredump(8) と逆の動作を行います。ファイルシステムの完全なリストア
     を行うには、まず、フルバックアップのリストアから始め、続いてその上にイン
     クリメンタルバックアップをリストアします。フルまたは部分バックアップか
     ら、単一のファイルやディレクトリの部分ツリーのみをリストアすることも可能
     です。 restore は、ネットワークを介した動作も可能です。これを行うには、以
     下で説明されている -f フラグを参照してください。コマンドに与えるその他の
     引数は、リストアされるファイルを指定するためのファイルやディレクトリ名で
     す。 -h フラグを指定していない限り (下記参照)、ディレクトリ名を指定するこ
     とで、そのディレクトリ中のファイルや (再帰的に) サブディレクトリを指定す
     ることになります。

     以下のいずれか 1 つ (複数指定不可) のフラグが必要です:

     -i      バックアップからの対話的なリストアを行います。バックアップから
             ディレクトリ情報を読み取ると、 restore はユーザに展開すべきファイ
             ルを選択させるために、シェルに似たインタフェースでコマンドを受け
             付けます。以下のコマンドが使用可能です。引数が必要なコマンドにお
             いて引数を省略すると、デフォルトとしてカレントディレクトリが使わ
             れます。

             add [arg]   カレントディレクトリまたは指定した引数のファイルを、
                         リストアするファイルのリストに付け加えます。ディレク
                         トリ名を指定した場合には、そのディレクトリの下のすべ
                         てのファイルが展開リストに加えられます (コマンドライ
                         ンに -h フラグが指定されなかった場合)。 ls でファイル
                         のリストを表示するときに、展開リストに含まれている
                         ファイルの頭には ``*'' がつけられています。

             cd arg      カレントディレクトリを指定したディレクトリに移動しま
                         す。

             delete [arg]
                         カレントディレクトリまたは引数で指定したファイル名の
                         ファイルを、展開するファイルのリストから削除します。
                         ディレクトリ名を指定した場合には、そのディレクトリの
                         下のすべてのファイルが展開リストから削除されます (コ
                         マンドラインに -h フラグが指定されなかった場合)。ディ
                         レクトリ中のほとんどのファイルを展開する場合には、
                         ディレクトリ全体を展開リストに加えたあとで不要なファ
                         イルだけを削除するのが一番便利なやりかたです。

             extract     展開ファイルリストにあるすべてのファイルをバックアッ
             pwd         カレントディレクトリのフルパス名を表示します。

             quit        restore コマンドを中断します。展開リストに何かファイ
                         ルがあったとしても終了します。

             setmodes    展開リストにあるすべてのディレクトリの所有者、モー
                         ド、時刻がセットされるのみで、バックアップからはなに
                         も展開されません。これは、リストアを途中で中断してし
                         まった時の後始末に有用です。

             verbose     冗長フラグ -v の意味を反転します。冗長フラグがセット
                         されている場合には、 ls コマンドは、すべてのエントリ
                         に対してその inode 番号を表示します。また、 restore
                         コマンドは、ファイルを展開するたびにその情報を表示し
                         ます。

             what        ダンプヘッダ情報を表示します。これには、日付、レベ
                         ル、ラベル、ダンプの元となったファイルシステムとホス
                         トが含まれます。

     -R      restore は、フルリストアを再開するために、マルチボリュームのテー
             プのうち特定のものをリストアすることを要求します (下記 -r フラグ
             を参照)。これはリストア動作を中断したときに使われます。

     -r      リストア (ファイルシステムの再構築) を行います。レベル 0 バック
             アップのリストアの前には、リストア先となるファイルシステムは
             newfs(8) で初期化しておき、マウントして、そのディレクトリへ cd で
             移動しておく必要があります。レベル 0 バックアップのリストアに成功
             したら、 -r フラグを指定することで、それに加えて必要なインクリメ
             ンタルバックアップをリストアすることができます。 -r フラグは対話
             的なファイルリストアを行わないため、注意して扱わないと損害を与え
             ることがあります (ディスクは言うに及ばず、精神的にも)。次のように
             実行します:

                   newfs /dev/da0s1a
                   mount /dev/da0s1a /mnt
                   cd /mnt

                   restore rf /dev/sa0

             restore は、インクリメンタルリストアのための情報を、ルートディレ
             クトリの restoresymtable に記録します。このファイルは、すべての増
             分をリストアしたあとで削除すべきです。

             restore を、 newfs(8)dump(8) と組み合わせることで、ファイルシ
             ステムのサイズやブロックサイズといったパラメータを変更するのに使
             うことができます。

     -t      指定したファイル名のファイルがバックアップ中にあれば、その名前を
             表示します。ファイル名引数がない場合にはルートディレクトリを表示
             するため、 -h フラグを指定していない限り、バックアップ中のすべて
             のファイルを表示することになります。このフラグは、古くからあった
             は、 restore はメディアのブロックサイズを動的に求めようとします。

     -c      通常 restore は、ダンプ対象のファイルシステムフォーマットが新しい
             か古い (4.4 以前) かを動的に決定します。 -c フラグはこのチェック
             を無効にし、古いフォーマットのダンプからのみ読み込むことを許しま
             す。

     -f file
             バックアップを file から読み込みます; file は、 /dev/sa0 (テープ
             ドライブ) や /dev/da1c (ディスクドライブ) といったスペシャルデバ
             イスファイル、通常のファイル、 `-' (標準入力) のいずれかです。
             ファイル名が ``host:file'' や ``user@host:file'' という形式である
             場合は、 restorermt(8) を用いて指定したファイルを指定のホスト
             から読み取ります。

     -k      リモートテープサーバとの通信時に Kerberos 認証を使用します (
             restore のコンパイル時に有効にされている場合のみ使用可能です。)

     -h      ディレクトリ名を指定された場合に、その中のファイルではなく、ディ
             レクトリそのものを展開するようにします。これによって、ダンプから
             ディレクトリのサブツリーを階層的に展開してしまうことを防ぎます。

     -m      展開を、ファイル名ではなく inode 番号によって行います。これは数個
             のファイルのみを展開したい場合で、ファイルの完全なパス名を再生す
             ることを防ぎたい場合に有用です。

     -N      通常通り展開しますが、実際には変更をディスクへ書き込みません。ダ
             ンプメディアの完全性の確認や他のテスト目的に使用可能です。

     -s fileno
             マルチファイルテープの fileno から読みます。ファイル番号は 1 から
             始まります。

     -u      特定のタイプのファイルを作成する時に、リストア先ディレクトリに既
             に同名のファイルが存在する場合には、リストアは警告診断を生成し得
             ます。この動作を抑制するために、 -u (アンリンク) フラグを指定する
             と、リストアは古いエントリを削除してから新しいエントリを作成しよ
             うとします。

     -v      普通、 restore は何も表示せずにリストア動作を行います。 -v (ver-
             bose, 冗長) フラグを指定すると、扱うファイルのタイプとファイル名
             が表示されます。

     -y      エラーが発生したときに、リストア動作を中断するかどうかの問い合わ
             せを行いません。これによって、不良ブロックをスキップして、可能な
             かぎり動作を継続します。


診断

     リードエラーが発生するとメッセージを表示します。もし、 -y が指定されてい
     るか、あるいはユーザが `y' の応答をしたならば、 restore はリストアを続行
     しようとします。

             す。

     <filename>: not found on tape
             指定したファイル名はテープのディレクトリには記録されていました
             が、テープのなかに本体が見当たりませんでした。このような事態が起
             きるのは、ファイルを探している間にテープのリードエラーが発生した
             場合や、稼働中のファイルシステムにおいて作成したダンプテープを
             使った場合です。

     expected next file <inumber>, got <inumber>
             ディレクトリに記録されていなかったファイルが示されます。稼働中の
             ファイルシステムにおいて作成したダンプを使った場合に発生すること
             があります。

     Incremental dump too low
             インクリメンタルリストアを行う際に、ダンプが直前のインクリメンタ
             ルダンプよりも以前に書かれたものであったり、増分レベルが低すぎる
             ダンプがロードされた場合に表示されます。

     Incremental dump too high
             インクリメンタルリストアを行う際に、ダンプが直前のインクリメンタ
             ルダンプの続きの範囲から開始していなかったり、あるいは増分レベル
             が高すぎるダンプがロードされた場合に表示されます。

     Tape read error while restoring <filename>
     Tape read error while skipping over inode <inumber>
     Tape read error while trying to resynchronize
             テープ (あるいはその他の媒体) のリードエラーが発生しました。ファ
             イル名が表示されていたならば、その内容はおそらく部分的に不正なも
             のになっているでしょう。もし inode がスキップされたり、テープの
             resynchronize (再同期) が試みられていたならば、展開されたファイル
             には問題はありません。しかし、テープ上からいくつかのファイルを見
             付けることができないかもしれません。

     resync restore, skipped <num> blocks
             ダンプのリードエラーが発生した後に、おそらく restore は自分自身で
             再同期をとらなければなりません。このメッセージはスキップしたブ
             ロックの個数を表示します。


関連ファイル

     /dev/sa0           デフォルトのテープドライブ
     /tmp/rstdir*       テープ中のディレクトリを保持するファイル
     /tmp/rstmode*      ディレクトリの所有者、モード、タイムスタンプ
     ./restoresymtable  インクリメンタルリストア間で渡される情報


関連項目

     dump(8), mount(8), newfs(8), rmt(8)


バグ

     使用中のファイルシステムから作成されたダンプからインクリメンタルリストア
     を行うと、誤動作を起こすことがあります。

     し -r または -R が使用された場合は例外です。これは、中断された -r の動作
     を -R によって再開可能とするためであり、別々の処理において同一の一時ファ
     イルを使用することが必要であるためです。他の場合には、ファイルはユニーク
     です。これは、同時に 2 個の異なったダンプが開始する可能性があるためであ
     り、別々の処理が衝突しないようにすべきだからです。


歴史

     restore コマンドは 4.2BSD から登場しました。

4th Berkeley Distribution         May 1, 1995        4th Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス