repquota(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

repquota

前のページ 上に戻る 次のページ

repquota


     repquota [-g] [-u] [-v] -a


解説

     repquota は、指定されたファイルシステムのディスク使用状況と、割り当て制限
     状況を表示します。

     オプションは以下のとおりです:

     -a      /etc/fstab に記述された全ファイルシステムに関する情報を表示しま
             す。

     -g      グループ割り当て制限のみを表示します (デフォルトでは、グループ、
             ユーザ両方の割り当て制限を表示します)。

     -u      ユーザ割り当て制限のみを表示します (デフォルトでは、グループ、ユ
             ーザ両方の割り当て制限を表示します)。

     -v      個々のファイルシステムの割り当て (クォータ) を表示する前に、ヘッ
             ダ行を出力します。

     各ユーザやグループに関する現在の、ファイル数、サイズ (キロバイト単位)、お
     よび割り当て制限 ( edquota(8) により設定される)が表示されます。

     operator グループに所属するユーザかスーパユーザのみが、このコマンドを実行
     できます。


関連ファイル

     quota.user   ユーザの割り当て制限に関するデータ (ファイルシステムのルート
                  ディレクトリに配置される)
     quota.group  グループの割り当て制限に関するデータ (ファイルシステムのルー
                  トディレクトリに配置される)
     /etc/fstab   ファイルシステムの名前と位置を読み取る


関連項目

     quota(1), quotactl(2), fstab(5), edquota(8), quotacheck(8), quotaon(8)


診断

     アクセス不可能なファイルに関する様々なメッセージが出力されます。


歴史

     repquota は 4.2BSD で追加されました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス