renice(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

renice

前のページ 上に戻る 次のページ

renice




解説

     renice は、1 つ以上の走行中プロセスのスケジュール優先度を変更します。
     priority に後続するパラメータ who は、プロセス ID か、プロセスグループ ID
     か、ユーザ名として解釈されます。プロセスグループに対する renice の実行
     は、そのグループに属するすべてのプロセスの優先度を変化させます。ユーザ名
     に対する renice の実行は、そのユーザが所有するすべてのプロセスの優先度を
     変化させます。デフォルトでは、プロセス ID で指定したプロセスのみが影響を
     受けます。

     renice にてサポートされるオプションは以下のとおりです:

     -g      who パラメータをプロセスグループ ID であると解釈させます。

     -u      who パラメータをユーザ名であると解釈させます。

     -p      who パラメータをプロセス ID であると解釈させます (デフォルト)。

     たとえば、

     renice +1 987 -u daemon root -p 32

     は、プロセス ID が 987, 32 のプロセスと、ユーザ daemon, root が所有するす
     べてのプロセスの優先度を変更します。

     スーパユーザ以外のユーザは所有するプロセスについてのみ変更が可能で、プロ
     セスの ``nice 値'' を 0 から PRIO_MAX (20) の範囲内で単調に増加させること
     ができます。 (これによりシステム管理者による命令が無効になるのを防ぎま
     す。) スーパユーザは、すべてのプロセスの優先度を PRIO_MIN (-20) から
     PRIO_MAX (20) の範囲で自由に変更することができます。よく用いられる値とし
     ては以下のものがあります: 20 (システム内のほかのプロセスすべてが走行しな
     いときのみ走行する)、 0 (``基準'' となるスケジュール優先度)、適当な負の値
     (そのプロセスを素早く実行させる)


関連ファイル

     /etc/passwd  ユーザ名とユーザ ID を関連づける


関連項目

     nice(1), rtprio(1), getpriority(2), setpriority(2)


バグ

     スーパユーザ以外のユーザは、たとえ以前に優先度を下げたプロセスであっても
     優先度を上げることはできません。


歴史

     renice は 4.0BSD で追加されました。

FreeBSD 4.4                      June 9, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス