rdump(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rdump

前のページ 上に戻る 次のページ

rdump


          [-d density] [-f file] [-h level] [-s feet] [-T date] filesystem
     dump [-W | -w]

     ( 4.3BSD 形式のオプションは後方互換性のために実装されていますが、ここでは
     説明していません。)


解説

     dump は、ファイルシステムを調べてバックアップする必要のあるファイルを決定
     します。これらのファイルは、指定されたディスク、テープや、その他の記憶メ
     ディアへ保存のためコピーされます (リモートバックアップについては、 -f オ
     プションを参照)。ダンプの大きさが記録メディアの容量より大きい場合は、複数
     ボリュームに分割します。たいていのメディアの容量は、メディアの終りを通知
     されるまで書き込んでみることで決定します。この方法は、 -a オプションによ
     り強制的に使用することもできます。

     メディアの終りを正しく通知できないメディア (一部のカートリッジ・テープド
     ライブ等) の容量は、テープ長と記録密度やブロック数のオプションから求め、
     各ボリュームはすべて同じ容量を持つものとします。デフォルトでは、オペレー
     タにメディア交換を要求した後の各ボリュームにも同じ出力ファイル名を使用し
     ます。

     dump は、次のオプションをサポートしています。

     -0-9    ダンプレベル。レベル 0 はフルバックアップを意味し、ファイルシステ
             ム全体をコピーすることを保証します (ただし以下の -h オプションに
             も注意して下さい)。 0 より大きなレベル番号はインクリメンタルバッ
             クアップを意味し、前回のダンプ (今回指定したものより低いレベルの
             ダンプ) 以降に作られたか修正されたすべてのファイルをコピーしま
             す。デフォルトのレベルは 0 です。

     -a      ``オートサイズ'' 全てのテープ長の考慮をせず、メディアの終了を通知
             されるまで、強制的に書き込みを続けます。現在のほとんどのテープド
             ライブでは、この方法によりもっとも良い結果が得られます。特に、使
             いかけのテープに追加したり、ハードウェア圧縮機能のあるテープドラ
             イブ(圧縮率がどの程度になるか不確かなもの)を使用したりする場合に
             このオプションを使用することをお薦めします。

     -B records
             ボリュームあたりの 1 KB ブロック数です。このオプションは、テープ
             長と記録密度を基にしたテープ容量より優先されます。

     -b blocksize
             ダンプレコードあたりのブロックサイズを K バイト単位で指定します。

     -c      カートリッジテープドライブ用に、記録密度とテープ長のデフォルトを
             それぞれ 8000 bpi、1700 feet に変更します。

     -D dumpdates
             dumpdates ファイルの代替パスを指定します。デフォルトは
             /etc/dumpdates です。

     -d density
             込みます。リモートの rmt(8) のデフォルトのパス名は /etc/rmt です
             が、環境変数 RMT の値が優先されます。

     -h level
             ダンプレベルが level 以上の時に、ユーザが指定した ``nodump'' フラ
             グ (UF_NODUMP) に従います (h: honor the flag)。デフォルトの honor
             レベルは 1 ですから、そのようなファイルは、インクリメンタルダンプ
             からは省かれますが、フルバックアップには含まれます。

     -k      リモートのテープサーバとの通信でケルベロス認証を使います。 (この
             オプションが有効な状態で dump がコンパイルされた場合にのみ利用で
             きます。)

     -n      dump がオペレータに注意を促す時に、 wall(1) に似た方法で
             ``operator'' グループに属するすべてのユーザにメッセージを送りま
             す。

     -s feet
             テープの容量を計算する時に記録密度とともに使います。この容量を超
             えた場合に、 dump は新しいテープを要求します。このオプションはや
             や控え目に指定することをお勧めします。デフォルトのテープの長さ
             は、2300 フィートです。

     -T date
             dumpdates ファイルから得られた日時の代わりに、指定された date を
             ダンプの起点として使います。date の形式は ctime(3) のそれと同じで
             す。このオプションは期間を指定してバックアップを取るダンプスクリ
             プトで有用です。 -T オプションは -u オプションと同時には指定でき
             ません。

     -u      ダンプが成功した後で、 dumpdates ファイルを更新します。 dumpdates
             ファイルは人が読めるファイルであり、各行に以下のレコードがフリー
             フォーマットで記録されています : ファイルシステム名、インクリメン
             トレベル、 ctime(3) 形式のダンプ日付。各レベルとファイルシステム
             ごとにエントリが一つだけ存在します。必要なら、 dumpdates ファイル
             の各フィールドを編集しても構いません。 dumpdates ファイルのデフォ
             ルトは /etc/dumpdates ですが、 -D を使用してこれを変更可能です。

     -W      dump は、ダンプの必要があるファイルシステムをオペレータに表示しま
             す。この情報は dumpdates ファイルと /etc/fstab ファイルから集めら
             れます。 dump は、 dumpdates ファイルの中の各ファイルシステム毎に
             最新のダンプ日付とレベルを示し、ダンプするべきファイルシステムを
             明らかにします。 -W オプションが指定された場合、その他のすべての
             オプションは無視され、 dump は直ちに終了します。

     -w      W と同様ですが、ダンプの必要のあるファイルシステムのみを表示しま
             す。

     dump は、通常ファイルおよびディレクトリのユーザ ``nodump'' フラグ
     (UF_NODUMP) を尊重します。ディレクトリに ``nodump'' の印が付いていると、
     このディレクトリと、その配下の全ファイルとディレクトリが、バックアップさ
     れなくなります。ディレクトリの ``nodump'' フラグを、 dump はこのように伝
     再開します。

     dump は処理の進行を定期的にオペレータに報告します。報告には、少なめに推定
     される書き込みブロック数、必要なテープ数、完了までの時間、テープ交換まで
     の時間、を含みます。 dump に使っている端末が使用中であることが他人にも分
     かるように、このメッセージは冗長になっています。

     ディスクに壊滅的なトラブルが起きた時に、バックアップテープやファイルから
     ディスクを復元するために必要な時間は、インクリメンタルダンプを適当なシー
     ケンスで実行する事によって最小にする事ができます。最小のテープ数でこれを
     行なう効果的な方法を示します。

           o   常にレベル 0 のバックアップから開始します。例えば以下の通りで
               す。

                     /sbin/dump -0u -f /dev/nsa0 /usr/src

               これを一ヵ月か二ヵ月毎に新しいテープに対して実施し、ずっと保存
               します。

           o   0 レベルのダンプの後は、アクティブなファイルシステムのダンプ
               を、修正ハノイの塔アルゴリズムによる次の様なダンプレベルシーケ
               ンスによって、毎日行います。

                     3 2 5 4 7 6 9 8 9 9 ...

               毎日のダンプには、一週間毎に繰り返し使われる事になる一定の数の
               テープを使う事ができます。週毎にレベル 1 ダンプを行ない、毎日の
               ハノイ・シーケンスはレベル 3 から開始します。週毎のダンプには、
               ダンプするファイルシステム毎に、これも繰り返し使われる事になる
               一定数のテープを使います。

     何ヵ月かの後、毎日と毎週のテープはダンプサイクルから順に外し、新品のテー
     プを導入すべきです。


環境変数

     環境変数 RMT は、リモートの rmt(8) プログラムのパス名を決定するのに用いら
     れます。


関連ファイル

     /dev/sa0        デフォルトのダンプテープユニット
     /etc/dumpdates  ダンプの日付を記録するファイル (これは変更可能です。 -D
                     オプションを参照してください)
     /etc/fstab      ダンプテーブル : ファイルシステムと頻度を決めるファイル
     /etc/group      operator グループを検索する


関連項目

     fstab(5), restore(8), rmt(8)


診断

     詳しいメッセージがたくさん出ます。

     dumpdates ファイルに記録のないファイルシステムについては報告しません。

     dump コマンドが、ダンプシーケンスについて知っていて、使い散らかしたテープ
     の使用履歴を管理でき、どのテープをマウントすれば良いかオペレータに教えて
     くれ、 restore を実行するオペレータをもっと助けてくれたら、もっと使いやす
     いでしょうね。

     セキュリティ的な歴史により、 dump は、root 以外のユーザでリモートバック
     アップを行うことはできません。これは、 FreeBSD の今後のバージョンでは修正
     されるでしょう。現状では、(従来通り) setuid されていれば正常に動作します
     が、セキュリティ的なリスクを伴います。


歴史

     dump コマンドは、 Version 6 AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                      July 9, 2001                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス