rc(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rc

前のページ 上に戻る 次のページ

rc


     rc.conf
     rc.conf.local
     rc.d
     rc.serial
     rc.pccard
     rc.network
     rc.firewall
     rc.atm
     rc.<arch>
     rc.local
     rc.shutdown


解説

     rc は自動リブート処理を制御するコマンドスクリプト (他のスクリプトを呼びま
     す) で、 rc.local は特定サイトに特化したコマンドを記述するスクリプトで
     す。今日では、典型的には /usr/local/etc/rc.d の機構が rc.local の代りに使
     用されます。しかしながら、 rc.local を使用したいのであれば /etc/rc は未だ
     これをサポートしています。この場合、rc.local が /etc/rc.conf を読み取るよ
     うにしてから、あなたのシステム特有の更なるカスタムスタートアップコードを
     rc.local に追加してください。 rc.conf は rc ファイル群から参照されるグロ
     ーバルなシステム構成情報を持ち、 rc.conf.local はローカルなシステム構成情
     報を持ちます。 rc.conf(5) を参照してください。

     rc.d ディレクトリは、ブート時およびシャットダウン時に自動的に実行されるス
     クリプトを保持します。ブート時には、指定されたディレクトリは、 rc.local
     の実行直後に処理されます (処理対象ディレクトリの指定方法の詳細は後述しま
     す)。シャットダウン時には、ディレクトリは rc.shutdown が処理します。各
     ディレクトリ内のスクリプトには、次の重要事項が適用されます:

     o   スクリプトは、 basename(1) がシェルグロブパターン *.sh にマッチし、実
         行可能である場合のみ、実行されます。このディレクトリ中の他のファイル
         やディレクトリは、黙って無視されます。
     o   ブート時にスクリプトを実行するとき、文字列 ``start'' が、最初かつ唯一
         の引数として渡されます。シャットダウン時には、文字列 ``stop'' が、最
         初かつ唯一の引数として渡されます。すべての rc.d スクリプトは、これら
         引数を適切に扱えるものであると期待されます。指定時に動作不要の場合 (
         ブート時にもシャットダウン時にも)、スクリプトは成功裏に終了し、エラー
         メッセージを出力してはなりません。
     o   各ディレクトリ内のスクリプトは、辞書順に処理されます。特定の順序が必
         要な場合には、既存のファイル名の前に番号を付けると良いかもしれませ
         ん。例えば、 100.foo200.bar の前に実行されますが、番号を前に付け
         ないと逆の順番になります。

     典型的な各スクリプトの出力は、1 個の空白文字の後に、起動または終了された
     ソフトウェアパッケージ名が続き、最後には改行文字は 付きません ( 使用例の
     節を見てください)。

     複数の rc.d ディレクトリから、システム起動スクリプトを実行可能です。デ
     フォルトの位置は /usr/local/etc/rc.d/usr/X11R6/etc/rc.d ですが、
     local_startup rc.conf(5) 変数で変更可能です。

     rc.shutdown は、システムシャットダウンにおいて実行されることが必要なコマ
     用します。

     rc.pccard は PC カードを有効にするために使用します。

     rc.network はネットワークを起動するために使用します。ネットワークの起動は
     3 パスで行われます。最初のパスは、ホスト名とドメイン名を設定し、ネットワ
     ークインタフェースを構成し、 IP ファイアウォール規則があれば有効にし、ル
     ーティングを有効にします。第 2 パスは、ほとんどのネットワーク関連デーモン
     の起動を行います。第 3 パスは、NFS, amd, rwhod, Kerberos, マルチキャスト
     ルーティングデーモンの起動を行います。

     rc.firewall は、カーネルベースのファイアウォールサービスの規則の設定に使
     用されます。

           open        全入力を許可します。
           client      このマシンのみを保護しようとします。
           simple      全ネットワークを保護しようとします。
           closed      lo0 以外の全 IP サービスを無効にします。
           UNKNOWN     ファイアウォール規則のロードを無効にします。
           filename    指定したファイル名の規則をロードします (フルパス指定が
                       必要)。

     rc.atm は ATM ネットワークインタフェースを設定するために使用されます。イ
     ンタフェースは 3 つのパスで設定されます。第 1 のパスでは、インタフェース
     の初期設定をおこないます。第 2 のパスでは、インタフェースの設定が終り、
     PVC および永続的な ATMARP エントリを定義します。第 3 のパスでは、任意の
     ATM デーモンを起動します。

     rc.<arch> はアーキテクチャ依存のプログラムを起動します。

     rc.local が起動されるのは、上記スクリプトの後ですが、残りの rc ファイルが
     完了する前です。デフォルトインストールでは、 rc.local は存在しませんが、
     システム管理者がこのファイルを生成すれば、その内容が実行されます。

     伝統に従い、スタートアップファイルは /etc ディレクトリに置かれます。


使用例

     ブート時にデーモンを起動し、シャットダウン時にこれを終了する、 rc.d スク
     リプトの仮想的な例を示します。

           #!/bin/sh -
           #
           #    foobar パッケージの初期化/シャットダウンスクリプト

           case "$1" in
           start)
                   /usr/local/sbin/foo -d && echo -n ' foo'
                   ;;
           stop)
                   kill `cat /var/run/foo.pid` && echo -n ' foo'
                   ;;
           *)

ABELNET VPSサービス