rbootd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rbootd

前のページ 上に戻る 次のページ

rbootd




解説

     rbootd ユーティリティは、LAN 上の Hewlett-Packard 社製ワークステーション
     からのブート要求に対するサービスを行います。全てのブートファイルはブート
     ファイル用のディレクトリになければならず、さらに、もしクライアントがブー
     トリクエスト中にパス情報をつけていた場合は、処理する前にそのパスは取り除
     かれます。デフォルトでは、 rbootd は, その設定ファイル中にリストされてい
     るマシンからのリクエストにのみ応答します。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -a      どのようなマシンからのブート要求にも応えます。このオプションが設
             定された場合は、設定ファイルは無視されます。

     -d      rbootd をデバッグモードで起動します。受信および送信されたパケット
             が端末に表示されるようになります。

     -i interface
             指定したインタフェースに対してサービスを行います。もし指定されて
             いない場合には、 rbootd はループバック以外のもっとも小さい番号の
             使用可能なインタフェースをシステムインタフェースリストから探しま
             す。早いもの順で選ぶので、組み合わせはバラバラになります。

     config_file を指定すれば、 rbootd はデフォルトの設定ファイルではなく、こ
     ちらのファイルを使用するようになります。

     設定ファイルは、各行に個々のマシンの設定を記述したテキストファイルです。
     行の先頭は各マシンの Ethernet アドレスで始め、そのあとにブートファイルの
     名前をオプションとして記述します。 Ethernet アドレスは 6 オクテッドの値を
     16 進数で記述し、各間を ``:'' で区切ります。ブートファイルの名前は、ブー
     トファイルディレクトリにあるファイルの名前です。 Ethernet アドレスとブー
     トファイルの名前の間は、空白もしくはコンマで区切らなければなりません。行
     中の ``#'' より後は無視します。

     設定ファイルの例を以下に示します:

     #
     # ethernet addr     boot file(s)        comments
     #
     08:00:09:0:66:ad    SYSHPBSD            # snake (4.3BSD)
     08:00:09:0:59:5b                        # vandy (anything)
     8::9:1:C6:75        SYSHPBSD,SYSHPUX    # jaguar (either)

     rbootd のログやエラーメッセージは syslog(3) を使っています。スタートアッ
     プメッセージはつねにログに記録され、致命的なエラー(もしくは rbootd を殺す
     ようなシグナル) が起こった場合にはサーバの終了メッセージもログに残しま
     す。一般的には、致命的ではないエラーはそれによってひき起こされる動作を無
     視するといった形で扱われます。 (例えば設定ファイル中の無効な Ethernet ア
     ドレスはその行が無効になる原因となります)。

     以下のシグナルを kill(1) コマンドを使ってサーバプロセスに送ることで、サー
     バプロセスに影響を与えることができます:
     /var/run/rbootd.pid  プロセス ID


関連項目

     kill(1), socket(2), signal(3), syslog(3)


バグ

     同一インタフェース上に複数のサーバが走った場合、同一のパケットに対して各
     サーバが応答してしまいます。

FreeBSD 4.4                    November 6, 2006                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス