raycontrol(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

raycontrol

前のページ 上に戻る 次のページ

raycontrol


     raycontrol -i iface -t tx rate
     raycontrol -i iface -n network name
     raycontrol -i iface -c ap status
     raycontrol -i iface -p port type
     raycontrol -i iface -m mac address
     raycontrol -i iface -d max data length
     raycontrol -i iface -r RTS threshold
     raycontrol -i iface -f hopset
     raycontrol -i iface -P 0|1
     raycontrol -i iface -S max_sleep_duration
     raycontrol -i iface -Z zero signal cache
     raycontrol -i iface -C display signal cache


解説

     raycontrol コマンドは ray(4) ドライバを介し、Raylink/Webgear ワイヤレス
     ネットワークデバイスの動作を制御します。変更可能なほとんどのパラメータ
     は、このカードが実装している IEEE 802.11 プロトコルに関連するものです。こ
     れにはステーション名、ステーションの動作がアドホックモードとインフラスト
     ラクチャモードのどちらであるか、アドホックモードでの BBS もしくはインフラ
     ストラクチャモードでの ESS が有効な場合に加入するサービスセットのネットワ
     ーク名が含まれます。 raycontrol コマンドは、これらのパラメータの現在の設
     定を表示したり、カードの統計情報カウンタの値をダンプしたりすることもでき
     ます。

     raycontrol に与えられる iface 引数は Raylink/Webgear デバイスに関連付けら
     れる論理インタフェース名であることが必要です (ray0, ray1 など)。


オプション

     オプションは以下の通りです。

     -i iface [-o]
                 指定した Raylink/Webgear インタフェースの現在の設定を表示しま
                 す。現在のカードの設定をドライバから取り出し、表示します。こ
                 のコマンドの結果は、カードの設定のスナップショットです。 -o
                 フラグを追加することにより raycontrol は、カードの設定の代わ
                 りに統計情報カウンタを表示します。

     -i iface -t tx rate
                 指定したインタフェースの転送レートを設定します。 NIC は 2Mbps
                 の最大転送レートをサポートしています。次の表は正当な転送レー
                 トの設定とそれに対応する転送速度を示します:

                       TX レート     NIC 速度
                       1             超低速 (0.5Mbps)
                       2             低速 (1Mbps)
                       3             中速 (1.5Mbps)
                       4             高速 (2Mbps)

                 バージョン 4 のファームウェアはこの設定を無視するかも知れませ
                 ん。 IEEE 802.11 標準では 1Mbps か 2Mbps の動作しか許されてい
                 ないこと、および一般的に受け入れられている IEEE 802.11 の解釈
                 では 2Mbps はインフラストラクチャモードでのみ許されていること
                 作していることが必要です) と直接通信が可能です。インフラスト
                 ラクチャモードでは、ホストはアクセスポイントが制御するサービ
                 スセットと関連付けられることが必要です。このアクセスポイント
                 はエンドステーション間のトラフィックを中継します。デフォルト
                 の設定は 0 (アドホックモード) です。

                 アドホックモードの時、現在設定されているホップセット ( -f オ
                 プション参照) に -n オプションで指定されるネットワークが存在
                 しない場合、ステーションはそのネットワーク名の BBS を作成しま
                 す。

     -i iface -m mac address
                 指定したインタフェースのステーションアドレスを設定します。
                 mac address は、コロンで区切られる 6 つの 16 進数の並びとして
                 指定されます。例えば 00:60:1d:12:34:56 となります。これにより
                 新規アドレスがカード上にプログラムされ、インタフェースも更新
                 されます。

     -i iface -d max_data_length
                 指定したインタフェースの最大転送フレームサイズを設定します。
                 max data length は 350 から 2304 までの任意の数値か、フラグメ
                 ンテーションを無効にする -1 が設定できます。デフォルトは -1
                 です。

     -i iface -r RTS threshold
                 指定したインタフェースの RTS/CTS の閾値を設定します。これは
                 RTS/CTS ハンドシェーク境界に使用するバイト数を制御します。
                 RTS threshold は -1 から 2047 までの任意の数値です。デフォル
                 トは -1 (無効) です。

     -i iface -f hopset
                 指定したインタフェースに電波のホップセットを設定します。
                 hopset は以下の表で示されるような国別コードとして指定すること
                 が必要です。ホップセットにより RF チャネル数とそれらの周波数
                 が変わりますが、これは各地の当局によって指定される電波規制に
                 依存しています。

                       ホップセット ID     国
                       1                   アメリカ合衆国
                       2                   ヨーロッパ
                       3                   日本
                       4                   韓国
                       5                   スペイン
                       6                   フランス
                       7                   イスラエル
                       8                   オーストラリア
                       9                   日本 (テスト)

                 カードはどのホップセットでも動作するようプログラムできます
                 が、その RF 周波数帯を使用している他のユーザ (フランスなどで
                 は軍です) からの干渉や、他のユーザへの干渉を避けるためにも、
                 自分の地域のホップセットを使うことは意味のあることです。
                 す。

     -i iface -S max_sleep_interval
                 電源管理が有効な時に使用するスリープ間隔を指定します。
                 max_sleep_interval はミリ秒で指定します。デフォルトは 100 で
                 す。

     -i iface -Z
                 ray ドライバ内部で管理される信号強度キャッシュをクリアしま
                 す。

     -i iface -C
                 ray ドライバによって管理されている、キャッシュされた信号強度
                 情報を表示します。ドライバは、他のホストから受信したパケット
                 の信号強度とノイズレベルを保持しています。インフラストラク
                 チャネットワークでは、キャッシュはアクセスポイントの信号強度
                 も格納しています。

                 ドライバは、送信時に最適なアンテナを選ぶ際にもキャッシュを使
                 用します。


関連項目

     ray(4), ifconfig(8)


歴史

     raycontrol コマンドは FreeBSD 4.0 ではじめて登場しました。


作者

     raycontrol コマンドは Duncan Barclay <dmlb@ragnet.demon.co.uk> によって書
     かれました。これは Bill Paul <wpaul@ctr.columbia.edu> によって書かれた
     wicontrol コマンドを基にしています。


バグ

     -m, -P, -S-Z オプションはまだ実装されていません。テストのためのアクセ
     スポイントがまだ利用できなかったからです。

     バージョン 5 のファームウェアとはテストしていません。

     バージョン 4 のファームウェアとでは、ホップセットの変更ができないかも知れ
     ません。

     -W オプションはわざとドキュメント化していません。

FreeBSD 4.4                     March 21, 2000                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス