quotacheck(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

quotacheck

前のページ 上に戻る 次のページ

quotacheck


     quotacheck [-g] [-u] [-v] -a


解説

     quotacheck は各ファイルシステムを調べ、現在のディスク使用量のテーブルを作
     成し、これをディスクに保存されている割り当て制限情報ファイルと比較しま
     す。違いが発見された場合、割り当て制限情報ファイルとシステムが持っている
     割り当て制限情報のコピー(アクティブなファイルシステムを検査した場合)を更
     新します。デフォルトでは、ユーザ割り当て制限とグループ割り当て制限の両方
     が検査されます。

     使用可能なオプションは以下の通りです:

     -a      ファイルシステム名の代りに指定されると、 quotacheck は、
             /etc/fstab に読み書き可能で割り当て制限ありと設定されているファイ
             ルシステムをすべて検査します。デフォルトでは、 /etc/fstab に書か
             れている種類の割り当て制限のみを検査します。

     -g      /etc/fstab にグループ割り当て制限が指定してあるもののみ検査しま
             す。

     -u      /etc/fstab にユーザ割り当て制限が指定してあるもののみ検査します。

     -v      計算した値と記録されていた割り当て制限ファイルとの違いを報告しま
             す。

     -g-u の両方を指定すると、デフォルトの動作と同じになります。ファイルシ
     ステム上では、 fsck(8) と同様に /etc/fstab の中のパス番号を使って、並行し
     て複数のファイルシステムを検査します。

     通常 quotacheck は何も表示しません。

     quotacheck は、チェックされるファイルシステムのルートディレクトリに割り当
     て制限を書いたファイル quota.userquota.group があるものとして動作しま
     す。このデフォルトのファイル名は /etc/fstab により変更することができま
     す。もし、割り当て制限を書いたファイルがなければ、 quotacheck が作成しま
     す。これらのファイルは、 edquota(8) ユーティリティで編集すべきです。

     quotacheck は、通常 /etc/rc からブート時に、 quotaon(8) が割り当て制限を
     開始する前に実行されます ( rc(8) 参照)。 rc 起動手続きは、 /etc/rc.conf
     変数 check_quotas で制御されます。 /etc/rc でこの機能を有効にすると、
     /etc/rc.conf 中の enable_quotas 変数で、クォータ手続きも有効にすることが
     必要なことに注意してください。

     quotacheck は、各ユーザごとのディスク使用量を計算するために、rawデバイス
     をアクセスします。そのため、 quotacheck の実行中にチェックされるファイル
     システムを使用してはいけません。


関連ファイル

     quota.user   ファイルシステムのルートにあるユーザ割り当て制限に関するデー
                  タ
     quota.group  ファイルシステムのルートにあるグループ割り当て制限に関するデ
                  ータ

ABELNET VPSサービス