quot(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

quot

前のページ 上に戻る 次のページ

quot




解説

     quot は各ローカルユーザのディスク利用に関する統計情報を集めるために使われ
     ます。

     以下のオプションが利用可能です。

     -a      全てのマウントされたファイルシステムに関する統計情報を与えます。

     -c      一行毎に 3 つのカラムを使って、ファイルあたりのブロック数と、この
             分類に含まれるファイルの数と、このサイズ以下のファイルのブロック
             総数を集計します。

     -f      個々のユーザに対して、ファイル数と利用されているスペースを表示し
             ます。

     -h      個々のファイルのサイズに基づいて、ブロック数を推定します。これ
             は、 ( ファイル中の穴を計算しないので ) 正しい結果を与えないう
             え、高速でもないので、お勧めしません。

     -k      報告する数値をキロバイト数にします。デフォルトでは、全てのサイズ
             は 512 バイト / ブロックで報告されます。

     -n      標準入力から inode の一覧を (いくつかのオプションデータを加えて 1
             行で) 与えることで、個々のファイルに対して持ち主を ( 入力行で与え
             られた残りの情報と共に ) 表示します。これは歴史的にはパイプ中で以
             下のように使われました。

                   ls -i | sed -e 's,^  *,,' | sort +0n | quot -n filesystem

             ファイルの報告とその持ち主を手に入れます。

     -v      デフォルトの出力に加えて、30, 60, 90 日間アクセスされていないファ
             イルの数を報告します。


環境変数

     BLOCKSIZE  環境変数 BLOCKSIZE が設定されており、 -k オプションが指定され
                ていない時、ブロックカウントはこのブロックサイズの単位で表示さ
                れます。


バグ

     ncheck (前記の例の ls -i よりはるかに使える) は FreeBSD には存在しません
     :-)


関連項目

     df(1), quota(1), getmntinfo(3), fstab(5), mount(8)


歴史

     この quot の実装は、 Wolfgang Solfrank / TooLs GmbH によって行われまし
     た。

FreeBSD 4.4                    February 8, 1994                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス