pppstats(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

pppstats

前のページ 上に戻る 次のページ

pppstats



書式

       pppstats  [  -a ] [ -v ] [ -r ] [ -z ] [ -c <count> ] [ -w
       <secs> ] [ interface ]


解説

       pppstats は、指定した PPP インタフェースについて、 PPP  に
       関連した統計情報を一定間隔で表示します。インタフェースは無
       指定の場合は ppp0 になります。表示は入力と出力のセクション
       に横方向に分割され、それぞれのセクションで、そのインタフェ
       ースで入出力されたパケットの属性と大きさの統計値を示 し ま
       す。

       オプションには以下のものがあります:

       -a      差分ではなく絶対値を表示するようにします。このオプ
              ションを指定すると、すべてのレポートはリンクが成 立
              し てからの統計値を表示するようになります。このオプ
              ションが未指定なら、 2 回目とそれ以降のレポートが、
              前回のレポートからの統計を表示するようになります。

       -c count
              表示を count 回繰り返します。このオプションが指定さ
              れない場合、 -w オプションが指定されていれば無限 に
              繰り返し、さもなくば 1 回だけ表示されます。

       -r      使用中のパケット圧縮アルゴリズムによる圧縮率の統計
              値を要約して追加表示します。

       -v     Van Jacobson TCP ヘッダ圧縮アルゴリズムのパフォーマ
              ンスに関する統計値を追加表示します。

       -w wait
              繰り返して表示する際の間隔を -w wait 秒にします。無
              指定時は 5 秒です。

       -z     通常の表示に替えて、使用中のパケット圧縮アルゴリ ズ
              ムの性能の統計値を表示します。

       -z  オプションが指定されない場合、入力側には以下の項目が表
       示されます:

       IN     このインタフェースで受信した総バイト数。

       PACK   このインタフェースで受信したパケットの総数。

       VJCOMP このインタフェースで受信した、ヘッダ圧縮された  TCP
              パケットの数。

       VJUNC   このインタフェースで受信した、ヘッダの圧縮されてい
              ない TCP パケットの数。 -r オプションが指定されたと
              きは表示されません。

              す。

       UBYTE   受信した圧縮パケットの展開後のバイト総数。 -r オプ
              ションが指定されたときだけ表示されます。

       出力側には以下の項目が表示されます:

       OUT    このインタフェースから送信された総バイト数。

       PACK   このインタフェースから送信した総パケット数。

       VJCOMP このインタフェースから送信された、 TCP ヘッダを  VJ
              圧縮した TCP パケットの数。

       VJUNC   このインタフェースから送信された、 TCP ヘッダを VJ
              圧縮していない TCP パケットの数。 -r オプションが指
              定されたときは表示されません。

       NON-VJ このインタフェースから送信された非 TCP パケットの総
              数。 -r オプションが指定されたときは表示さ れ ま せ
              ん。

       VJSRCH VJ ヘッダ圧縮パケットのヘッダエントリをキャッシュで
              探索した回数。 -v オプションが指定されているとき だ
              け表示されます。

       VJMISS VJ ヘッダ圧縮パケットのヘッダエントリをキャッシュで
              探索して失敗した回数。 -v オプションが指定されて い
              るときだけ表示されます。

       RATIO   使用中のパケット圧縮方法で達成された、送信パケット
              の、圧縮後に対する圧縮前の大きさの比率で表した圧 縮
              率。  -r オプションが指定されているときだけ表示され
              ます。

       UBYTE  送信した圧縮パケットの圧縮前のバイト総数。 -r オ プ
              ションが指定されているときだけ表示されます。

       -z  オプションが指定されている場合は、 pppstats は上記のも
       のに替えて、現在使用中のパケット圧縮アルゴリズムについて以
       下 の 項目を表示します。パケット圧縮が使用されていない場合
       は、これらの項目はすべて 0 になります。入力側で表示され る
       項目は:

       COMPRESSED BYTE
              受信した圧縮パケットのバイト数。

       COMPRESSED PACK
              受信した圧縮パケットの数。

       INCOMPRESSIBLE BYTE
              受 信した圧縮不可能な (非圧縮形式で送られた) パケッ

       COMPRESSED PACK
              送信された圧縮パケットの数。

       INCOMPRESSIBLE BYTE
              送信された (非圧縮の形式で送信された) 圧縮不可能 な
              パケットのバイト数。

       INCOMPRESSIBLE PACK
              送信された圧縮不可能なパケットの数。

       COMP RATIO
              外へ出て行くパケットの目下の圧縮率。


関連項目

       pppd(8)



                           26 June 1995               PPPSTATS(8)

ABELNET VPSサービス