pppctl(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

pppctl

前のページ 上に戻る 次のページ

pppctl


            [command[;command]...]


解説

     このプログラムは ppp(8) デーモンのコマンドラインからの制御手段を提供しま
     す。基本的な使い方は、実行中のデーモンを制御する単純なスクリプトを簡単に
     書けるようにすることです。

     ppp デーモンが listen しているソケットをあらわす少なくともひとつの引数を
     必要とします。詳細については、 ppp コマンドの `set server' を参照して下さ
     い。ソケットが先頭に '/' を含んでいると、 AF_LOCAL ソケットとして扱われま
     す。コロンを含んでいると host:port の組として扱われ、それ以外は単にローカ
     ルマシン (127.0.0.1) の TCP ポートを指定したものとみなされます。 DNS 検索
     を避けたい場合や、 /etc/services 内に指定されたポートのエントリがない場合
     には、 hostport には数字で指定することができます。

     残りの引数はすべて、 ppp デーモンに送られる (複数の) コマンドを形成するた
     めに連結されます。セミコロン文字はコマンドデリミタとして扱われ、ひとつの
     `セッション' で複数の コマンドを指定することが可能です。例えば:

           pppctl 3000 set timeout 300\; show timeout

     ほとんどのシェルでは ';' は特殊文字として扱われるので、エスケープかクォー
     トすることを忘れないようにしてください。

     もし、 コマンド引数が与えられなかった場合、 pppctl はインタラクティブモー
     ドになります。ここで、コマンドは標準入力から読み込まれます。コマンドを読
     んでいる時に、 editline(3) が使われていれば、( editrc(5) で指定した振る舞
     いで) 行編集が可能になります。 履歴の大きさはデフォルトでは 20 行です。

     以下のコマンドラインオプションが利用可能です:

     -v      ppp デーモンに送られたデータ、 ppp デーモンから受け取ったデータを
             すべて表示します。 pppctl は通常、受け取った非プロンプト行のみ表
             示します。このオプションはインタラクティブモードでは無視されま
             す。

     -t n    接続時のデフォルトの 2 秒の代わりに n をタイムアウトの値として用
             います。これは (ダイヤルアップも含む) 遅いリンク上でデーモンを制
             御しようとする場合に必要かもしれません。

     -p passwd
             ppp デーモンが必要とするパスワードを指定します。このスイッチが指
             定されないと、 pppctlppp への接続が成功した時にパスワードの入
             力を促します。


使用例

     ppp-auto モードで実行する場合、 pppctl は多くの仕事を自動化するのに利
     用できます (もちろん、実際に ppp をインタラクティブモードを除くどんなモー
     ドでも制御することができます) 。 ps(1) によりあなたの秘密がもれてしまう可
     能性のために、 -p オプションは (たとえスクリプトが他の人に読めないように
     なっていたとしても) お勧めできません。

           #! /bin/sh
           test $# -eq 0 && time=300 || time=$1
           exec pppctl /var/run/internet set timeout $time\; dial

     切断するには:

           #! /bin/sh
           exec pppctl /var/run/internet set timeout 300\; close

     接続されているかどうか確かめるには:

           #! /bin/sh
           pppctl -p '' -v /var/run/internet quit | grep ^PPP >/dev/null
           if [ $? -eq 0 ]; then
             echo Link is up
           else
             echo Link is down
           fi

     このような汎用スクリプトも作成可能です:

           #! /bin/sh
           exec pppctl /var/run/internet "$@"

     ダイヤルオンデマンドも pppctl を使って制御可能です。 ppp をずっと動作させ
     ながらも、毎日 8pm から 8am まではダイヤルアウトを防ぎたいとします。ま
     た、8pm にアクティブな接続は、閉じられるか自然にタイムアウトするまでは保
     持したいとします。

     cron(8) エントリとして 8pm に

           pppctl /var/run/internet set filter dial 0 deny 0 0

     を実行すると、これ以降のダイヤル要求をすべて防ぎ、8am のエントリ

           pppctl /var/run/internet set filter dial -1

     は、再度ダイヤル要求を許可します。


環境変数

     以下の環境変数が、インタラクティブモード中の pppctl によって理解されます:

     EL_SIZE     履歴行の数です。デフォルトでは 20 です。

     EL_EDITOR   編集モードです。 "emacs" もしくは "vi" だけが受け付けられま
                 す。他の値は無視します。この環境変数は ~/.editrcbind -vbind -e で上書きされます。


関連項目

     ps(1), editline(3), editrc(5), services(5), ppp(8)


歴史



ABELNET VPSサービス