post(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

post

前のページ 上に戻る 次のページ

post



SYNOPSIS

       /usr/local/lib/mh/post                  [-alias aliasfile]
            [-filter filterfile]      [-nofilter]       [-format]
            [-noformat]  [-mime]  [-nomime]  [-msgid]  [-nomsgid]
            [-verbose]    [-noverbose]    [-watch]     [-nowatch]
            [-width columns] [-hencode] [-nohencode] file [-help]


DESCRIPTION

       postsend (1) から呼び出されるプログラムで、  file   の
       メッセージをローカルまたはリモートのユーザーに配送します。
       実際、 send のマニュアルに書かれている全ての機能は post に
       よって行なわれ、 send は比較的簡単な前処理をするだけです。
       様々なヘッダーを解析し、From: や Date: 行を追加し、  Send-
       Mail  配送システムとやりとりをするのは post です。 post は
       通常、ユーザーから直接呼び出される事はありません。

       post   は 指 定 さ れ た メッ セ ー ジ の ヘッ  ダ  ー  の
       "To:"、"cc:"、"Bcc:"、"Fcc:"、 そして "Resent-xxx:" 行を見
       て、宛先アドレスを探し、そのアドレスの正当性をチェックし、
       それを `-noformat' オプションが指定されない限り、 Internet
       メール形式に合うように整形します。これによって、通常、ロー
       カルへの配送アドレスやローカルへの返信アドレスに対しては、
       "@local-site" が追加されます。 `-width columns' オプション
       でアドレスを含むヘッダー行の好みの長さを指定できます。

       もし "Bcc:" 行があった場合、そのアドレスは配送に使われます
       が、隠されていない受取人(つまり "Bcc:" 行以外に指定され て
       い る受取人)に送られるメッセージからは、 "Bcc:" 行は削除さ
       れます。隠されている受取人(つまり "Bcc:" 行に指定されて い
       る 受取人)は、最小構成のヘッダーだけをつけた全く新しいメッ
       セージを受けとります。そのメッセージのボディ部分には、隠さ
       れていない受取人へ送られたメッセージのコピーが含まれていま
       す。 `-filter filterfile' が指定された場合、このコピーは隠
       されている受取人に送る前にフィルタ(再整形)にかけられます。
       あるいは、メッセージの包含に MIME ルールを使う場合 に は、
       `-mime'  オプションを使います。この場合、message/rfc822 形
       式として、メッセージが取り込まれます。

       `-alias aliasfile' オプションは post がエイリアスを使う 場
       合 の ファ イ ル を 指 定 します。それぞれのファイルの前に
       `-alias' をつける事で、複数のファイルを指定する事も出来 ま
       す。いずれの場合も、一番目のエイリアス・ファイルが最初に読
       まれます。

       `-msgid' オプ ショ ン を 付 け る と、  "Message-ID:"   や
       "Resent-Message-ID:"  行をヘッダーに付けるようになります。
       そうでない場合は、配送システムが付ける事になるかも知れませ
       ん。

       `-verbose'  オプションは、配送やフィルタ処理のそれぞれの段
       階を逐一報告するよう指示します。


FILES

       /usr/local/lib/mh/mtstailor         テイラー・ファイル
       /usr/local/bin/refile               Fcc: を処理するためのプログラム
       /usr/local/lib/mh/mhl               Bcc: を処理するためのプログラム
       /usr/local/lib/mh/MailAliases       第一エイリアス・ファイル


PROFILE COMPONENTS

       post はユーザーの .mh_profile は見ません。


SEE ALSO

       Standard for the Format of  ARPA  Internet  Text  Messages
       (RFC-822),
       mhmail(1), send(1), mh-mail(5), mh-alias(5)


DEFAULTS

       `-alias /usr/local/lib/mh/MailAliases'
       `-format'
       `-nomime'
       `-nomsgid'
       `-noverbose'
       `-nowatch'
       `-width 72'
       `-nofilter'
       `-nohencode'         "MIME-Version:" ヘッダーが無い場合
                            ある場合は `-hencode'


CONTEXT

       無し。


BUGS

       RFC-822  では "Reply-To:" 行にグループ・アドレスを書く事を
       許していますが、 post はそれを許しません。



[mh.6]                        MH.6.8                      POST(8)

ABELNET VPSサービス