ping6(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ping6

前のページ 上に戻る 次のページ

ping6


           [-I interface] [-i wait] [-l preload] [-p pattern] [-P policy]
           [-S sourceaddr] [-s packetsize] [hops...] host


解説

     ping6 は、 ICMPv6 プロトコルで必須の ICMP6_ECHO_REQUEST データグラムを使
     用し、ホストまたはゲートウェイから ICMP6_ECHO_REPLY データグラムを返させ
     ます。 ICMP6_ECHO_REQUEST データグラム (``ping'') は、IPv6 ヘッダと
     ICMPv6 を持ちます。 ICMPv6 の書式は RFC2463 に記述されています。オプショ
     ンは次の通りです:

     -a addrtype
             ECHO_REQUEST ではなく ICMPv6 ノード情報 (アドレス) 問い合わせパ
             ケットを生成します。 addrtype は以下の文字より構成される文字列で
             なければなりません。
             a       応答者の全てのユニキャストアドレスを要求します。もし省略
                     されると、応答者のアドレスを持つインタフェースに属するア
                     ドレスのみ要求します。
             c       応答者の IPv4 互換アドレスと IPv4 にマップされたアドレス
                     を要求します。
             g       応答者のグローバルスコープアドレスを要求します。
             s       応答者のサイトローカルアドレスを要求します。
             l       応答者のリンクローカルアドレスを要求します。
             A       応答者のエニーキャストアドレスを要求します。この文字がな
                     い場合、応答者はユニキャストアドレスのみ返します。この文
                     字がある場合、応答者はエニーキャストのみ返します。仕様で
                     は、応答者のエニーキャストアドレスをどのように取得するか
                     は述べられていないことに注意してください。これは実験的な
                     オプションです。

     -b bufsiz
             ソケットのバッファサイズを設定します。

     -c count
             ECHO_RESPONSE パケットを count 回送出 (そして受信) してから終了し
             ます。

     -d      使用されているソケットに SO_DEBUG オプションを設定します。

     -f      ECHO_REQUEST ping を垂れ流します。パケットが返って来るとすぐ、も
             しくは 100 分の 1 秒に 1 回のうちのどちらか多い方の頻度でパケット
             を出力します。 ECHO_REQUEST パケットを送るたびに ``.'' が表示さ
             れ、 ECHO_REPLY パケットを受信するたびにバックスペースが表示され
             ます。これによりどれだけのパケットが欠落したのかをすばやく表示す
             ることができます。スーパユーザのみ使用可能です。 このオプションは
             ネットワークに非常に負荷をかけるので、注意して使用する必要があり
             ます。

     -H      IPv6 アドレスの逆検索を試行するよう、指定します。本オプションを指
             定しない場合、 ping6 コマンドは逆検索を試行しません。

     -h hoplimit
             IPv6 の中継限界数を設定します。
             速く送信し、通常の動作に戻ります。スーパユーザのみがこのオプショ
             ンを使用できます。

     -n      数値の出力のみになります。応答中に含まれるホストアドレスに対し、
             シンボル名の解決を試みません。

     -N      ノード情報マルチキャストグループ (node information multicast
             group) をプローブします。 (ff02::2:xxxx:xxxx).  host はターゲット
             の文字列のホスト名であることが必要です (数値の IPv6 アドレスで
             あってはなりません) 。ノード情報マルチキャストグループは、指定し
             た host に基づいて計算し、最終的な終点として使用されます。ノード
             情報マルチキャストグループはリンクローカルなマルチキャストグルー
             プなので、終点リンクを -I で指定する必要があります。

     -p pattern
             送出するパケットを埋める ``pad'' バイトを指定します。 ``pad'' バ
             イトは 16 バイトを上限とします。これはネットワーク上でデータ依存
             の問題を診断するときに有効です。たとえば ``-p ff'' は全て 1 の送
             出パケットを生成します。

     -q      出力を抑制します。開始時と終了時の要約行しか表示しません。

     -R      対象 (hops を指定した場合には最初の hop) が到達可能であると、カー
             ネルに信じさせます。これは、上位層の到達可能性確認ヒントを挿入す
             ることで実現します。本オプションは、対象 host (または最初のホッ
             プ) が隣である場合意味があります。

     -S sourceaddr
             要求パケットの始点アドレスを指定します。始点アドレスは、送信元ノ
             ードのユニキャストアドレスのうちのひとつであることが必要です。出
             力インタフェースを -I で指定する場合には、 sourceaddr は当該イン
             タフェースに割り当てたアドレスであることが必要です。

     -s packetsize
             送出するデータのバイト数を指定します。デフォルトでは 56 バイトで
             す。これは、 ICMP ヘッダデータの 8 バイトをつけた 64 バイトの
             ICMP データに変換されます。 -b オプションも共に指定して、ソケット
             のバッファサイズを拡張する必要があるかもしれません。

     -v      冗長出力を有効にします。 ECHO_RESPONSE 以外の受信 ICMP パケットも
             表示されます。

     -w      ECHO_REQUEST ではなく ICMPv6 ノード情報 (FQDN) 問い合わせパケット
             を生成します。 -w オプションを指定した場合 -s オプションは無効と
             なります。

     -W      -w オプションと同じですが、03 ドラフトベースの古いパケット書式を
             使用します。このオプションは後方互換性のために残されていました。
             -w オプションを指定した場合 -s オプションは無効となります。

     hops    タイプ 0 ルーティングヘッダ中に置かれる、中間ノード用の IPv6 で
             す。

     定しています。 ping6 はそれ自体ネットワークに負荷をかけるので、トラブルの
     ないときや自動スクリプトで用いることは勧められません。


重複パケットと障害パケット

     ping6 は重複パケットと障害パケットを報告します。重複パケットはユニキャス
     トアドレスに対して ping をかけている場合は起こるはずのないものですが、リ
     ンク層での不適切な再送信によって引き起こされるようです。重複は様々な状況
     で起こる可能性があります。低いレベルの重複の存在は必ずしも警告にならない
     かもしれませんが、 (まず) よい兆候ではありません。ブロードキャストもしく
     はマルチキャストアドレスに ping する時には、重複パケットが出ることが予想
     されます。なぜなら、そのパケットは、実際には重複したパケットなのではな
     く、異ったホストからの同じ要求に対する応答であるからです。

     障害パケットは、警告を引き起こす重大な原因であることは間違いありません。
     多くの場合、 ping パケットの経路のどこか (ネットワーク内かホスト内) のハ
     ードウェアの故障が考えられます。


異なったデータパターンの試行

     (インタ) ネットワーク層は、データ部分に含まれるデータによってパケットの扱
     いを変えません。不幸にも、パケットがネットワークに侵入し、長い間検知され
     ないままとなるというデータに依存した問題が知られています。多くの場合、問
     題を引き起こす特殊なパターンは、たとえば全部 1 や全部 0 のようなもの、あ
     るいは右端以外が 0 であるようなものといった、十分な ``遷移'' を持たないも
     のです。コマンドラインで (たとえば) 全部 0 のデータパターンを指定するだけ
     では不十分かもしれません。なぜなら問題のパターンはデータリンク層にあり、
     コマンドラインで指定したものとコントローラが送信するものとの関係は複雑で
     ある可能性があるからです。

     このことは、つまり、データに依存した問題があるとき、それを見付けるために
     はテストをたくさんしなければならないということです。運がよければ、ある
     ネットワークを通して送れない、あるいは同じような長さのファイルよりも送る
     のにずっと長時間かかるようなファイルを見付けることができるかもしれませ
     ん。この場合、そのファイルを調べ、繰り返し現われるパターンを ping6-p
     オプションを使ってテストできます。


戻り値

     ping6 は、成功時 (ホストが生きている場合) には 0 を、引数が正しくない場合
     やホストが応答しない場合には非 0 を返します。


関連項目

     netstat(1), ifconfig(8), ping(8), routed(8), traceroute(8),
     traceroute6(8)

     A. Conta and S. Deering, Internet Control Message Protocol (ICMPv6) for
     the Internet Protocol Version 6 (IPv6) Specification, RFC2463, December
     1998.

     Matt Crawford, IPv6 Node Information Queries, draft-ietf-ipngwg-icmp-
     name-lookups-05.txt, October 22, 1999, work in progress material.


バグ

     我々が何故 ping6(8)ping(8) の実装を分けたのかという議論が沢山ありまし
     を持つのと同じことを意味します。


歴史

     ping コマンドは 4.3BSD で登場しました。 IPv6 をサポートした ping6 コマン
     ドは KAME IPv6 プロトコルスタックキットではじめて登場しました。

     KAME Project (http://www.kame.net/) スタックを基とする IPv6 および IPsec
     のサポートは、 FreeBSD 4.0 で始めて組み込まれました。

FreeBSD 4.4                      May 17, 1998                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス