pccardd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

pccardd

前のページ 上に戻る 次のページ

pccardd




解説

     pccardd は、普通ブート時に始動され、 PC-CARD カードの抜き差しを管理しま
     す。

     実行されると、 pccardd は設定ファイル (デフォルト名は
     /etc/defaults/pccard.conf であり、これがユーザ設定ファイル
     /etc/pccard.conf をインクルードします) を読み込み、カードのために利用可能
     な PC-CARD スロットをスキャンします。 pccardd は、その後、例えば新しいカ
     ードの挿入やカードの取り外しのような、 カードイベントを待ちます。

     カードが挿入された時、以下のような動作が行われます。

     1.   カーネルドライバはカードの挿入を検出し、カードに電源を供給します。

     2.   pccardd は、 CIS データをカードの属性メモリから読み込み、製造者名と
          カードのバージョンを設定ファイルのカード記述と照合します。

     3.   マッチするものが見付かると、ドライバが割り当てられます。

     4.   ひとたび自由なドライバとデバイス実体が割り当てられると、 pccardd は
          (必要であれば) ISA メモリブロックや入出力ポートのような資源を共通の
          資源から割り当てます。

     5.   PC-CARD スロットは、割り当てられた I/O とメモリコンテキストによって
          設定され、カーネルドライバがカードに割り当てられます。

     6.   割当が成功すると、例えばネットワークインタフェースを設定するための
          ifconfig(8) 等のような特定のシェルコマンドがデバイスを設定するために
          実行されます。それぞれ別々のコマンドを各カード・ドライバ・デバイスの
          ために指定して良く、その順序で実行されます。

     pccardd がカードの除去を発見した時には、以下の一連の操作が実行されます。

     1.   カード除去に対して割り当てられたシェルコマンドが実行されます。これ
          は、除去されたカードに割り当てられたどんなデバイスもリセットしようと
          します。それぞれ別々のコマンドを各カード・ドライバ・デバイスのために
          指定して良いです。

     2.   PC-CARD スロット資源は解放されます。

     ひとたびカード/ドライバ実体が設定されると、その実体に割り当てた資源を憶え
     ておきます。そして、カードが取り外され再び挿入された場合、同じドライバを
     割り当てます。この主な理由は、一度ドライバがカードに割り当てられると、ド
     ライバのB>検B>査((prove)) ルーチンが呼ばれ、ドライバ固有のデータ領域はカード
     に割り当てられた I/O ポートやメモリ資源によって初期化されるからです。大多
     数のドライバは、ハードウエアから関連を解消されたり、その後で再び違うパラ
     メータで再割当されるように設計されていません。これは、読み込み可能カーネ
     ルモジュールがサポートされた時に大きく変わるでしょう。

     SIGHUP は、 pccardd に設定ファイルを再読み込みさせます。


     -f configfile
             デフォルト設定ファイル /etc/defaults/pccard.conf とは異なった設定
             ファイルを指定します。ファイルの形式は、 pccard.conf(5) に詳細に
             記述されていますし、 pccardd によって認識される PC-CARD カードが
             リストされています。また、カードへのインタフェースとして使われる
             カーネルドライバとデバイスについても詳細に書かれています。


関連ファイル

     /etc/defaults/pccard.conf  デフォルトの設定ファイル
     /etc/pccard.conf           ユーザの設定ファイル
     /var/run/pccardd.pid       現在実行中の pccardd のプロセス ID


関連項目

     pccard.conf(5), ifconfig(8)


作者

     Andrew McRae <andrew@mega.com.au> によって開発されました。


バグ

     pccardd はカードのパラメータを設定することができますが、特定のドライバが
     カードと動作することを保証しません。

     システム資源 (例えばネットワークマウントされているファイルシステム) がカ
     ードに関連している場合は、カードを取り外すと問題が起こるかも知れません。

FreeBSD 4.4                    November 1, 1994                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス