pam_radius(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

pam_radius

前のページ 上に戻る 次のページ

pam_radius


                   [conf=pathname] [template_user=username]


解説

     pam_radius モジュールは RADIUS (Remote Authentication Dial In User Ser-
     vice) プロトコルに基づく認証サービスを提供する PAM (Pluggable Authentica-
     tion Module) の枠組みのモジュールです。

     pam_radius モジュールは次のオプションパラメータを受け付けます:

     use_first_pass
                 を指定すると、 pam_radius は新しいパスワードの入力を求めず
                 に、以前に入力されたパスワードを使います。パスワードが入力さ
                 れていない場合には、認証は失敗します。

     try_first_pass
                 を指定すると、 pam_radius は以前に入力されたパスワードがあれ
                 ば、それを使います。パスワードが入力されていなければ、
                 pam_radius は通常通り入力を求めます。

     echo_pass   は、 pam_radius パスワードの入力を求めるとき、エコーを有効の
                 ままにします。

     conf=pathname
                 は RADIUS クライアント設定ファイルの標準以外の位置を指定しま
                 す (標準は /etc/radius.conf です) 。

     template_user=username
                 は、セッションの環境をつくるテンプレートとして使用する
                 passwd(5) エントリをもつユーザ名を指定します。このエントリ
                 は、提供されるユーザ名が、ローカルのパスワードデータベースに
                 存在しない場合に使用されます。ユーザは提供されたユーザ名とパ
                 スワードで認証されますが、システムでの資格は username に与え
                 られたものとなります。すなわち、ログインクラス、ホームディレ
                 クトリ、資源の制限などは、 username に指定されたものが適用さ
                 れます。

                 このオプションが省略され、提供されるユーザ名がシステムのデー
                 タベースに存在しない ( getpwnam(3) を呼び出して決定されます)
                 場合には、認証に失敗します。


関連ファイル

     /etc/radius.conf  pam_radius の標準 RADIUS クライアント設定ファイル。


関連項目

     passwd(5), radius.conf(5), pam(8)


歴史

     pam_radius モジュールは FreeBSD 3.1 から登場しました。 pam_radius マニュ
     アルページは FreeBSD 3.3 から登場しました。


作者

     pam_radius マニュアルページは Andrzej Bialecki <abial@FreeBSD.org> が書き

ABELNET VPSサービス