ntptrace(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ntptrace

前のページ 上に戻る 次のページ

ntptrace




解説

     ntptrace は、与えられたネットワークタイムプロトコル (NTP) サーバがどこか
     ら時刻を取得するのかを決定し、 NTP サーバの連鎖をたどってマスタ時刻ソース
     まで戻ります。引数が与えられなかったときは、 ``localhost'' から始めます。

     以下は、 ntptrace の出力の例です:

     % ntptrace
     localhost: stratum 4, offset 0.0019529, synch distance 0.144135
     server2ozo.com: stratum 2, offset 0.0124263, synch distance 0.115784
     usndh.edu: stratum 1, offset 0.0019298, synch distance 0.011993, refid 'WWVB'

     各行のフィールドは (左から右へ) 次のようになります: ホスト名、ホストの階
     層 (stratum)、そのホストとローカルホストの間の時刻のオフセット ( ntptrace
     によって測定されたもの; これが ``localhost'' に対していつも 0 になるとは
     限らない理由です)、ホストの同期距離、そして (階層が 1 のサーバのみですが)
     参照クロック ID。すべての時間は秒単位です。同期距離とは、時計の時刻の精度
     を測ったものであるのに対して、階層とはプライマリソースへ対するサーバの
     ホップ数であることに注意してください。これらの用語は RFC 1305 において正
     確に定義されています。

     以下のオプションが使用可能です:

     -d      デバッグ出力をオンにします。

     -n      ホスト名の表示をオフにします; 代わりに、ホストの IP アドレスが表
             示されます。これは、ネームサーバが落ちているときに必要になるで
             しょう。

     -r retries
             ホスト毎の再送信の回数をセットします。デフォルトは 5 です。

     -t timeout
             再送信の制限時間 (秒単位) をセットします。デフォルトは 2 です。

     -v      NTP サーバに関する詳細な情報を出力します。


関連項目

     ntpd(8), ntpdc(8)

     D L Mills, Network Time Protocol (Version 3), RFC1305.


バグ

     このプログラムは、複数のサンプルを取って精度を高めるような試みをしませ
     ん。

FreeBSD 4.4                     January 6, 2000                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス