ntptime(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ntptime

前のページ 上に戻る 次のページ

ntptime


             [-s status] [-t time_constant]


解説

     このプログラムは "高精度な時刻保持のためのカーネルモデル" のページ (
     /usr/share/doc/ntp にある HTML 文書の一部) に記載されている特別なカーネル
     に対して用いる時にのみ、役に立ちます。このプログラムはもし使用可能であれ
     ばシステムコール gettime() と adjtime(2) を用いて時刻に関するカーネル変数
     を読み出して表示します。似たような表示は ntpdc(8) プログラムの kerninfo
     コマンドを使用することにより得られます。

     以下のオプションが使用可能です:

     -c      ntptime 自身の実行時刻を表示します。

     -e est_error
             推定誤差をマイクロ秒で指定します。

     -f frequency
             周波数オフセットを 100 万分の 1 で指定します。

     -h      ヘルプ情報を表示します。

     -l      リープビットを 0 から 3 のコードで指定します。

     -m max_error
             最大誤差をマイクロ秒単位で指定します。

     -o offset
             時計のオフセットをマイクロ秒で指定します。

     -r      Unix および NTP 時刻を raw 形式で表示します。

     -s status

     -t time_constant
             時定数を 0 から 4 の整数で指定します。


関連項目

     adjtime(2), ntpdc(8)

FreeBSD 4.4                     January 7, 2000                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス