nos-tun(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

nos-tun

前のページ 上に戻る 次のページ

nos-tun




解説

     nos-tuntun(4) カーネルインタフェースを利用して( ka9q または IP-IP ト
     ンネルとしても知られる) nos 形式トンネルを確立します。

     tunnel はトンネルデバイス名、例えば /dev/tun0 などです。

     sourcedestination はトンネルデバイスに使用されるアドレスです。もしト
     ンネルを cisco ルータに対して設定する場合には、cisco において
     ``255.255.255.252'' のネットマスクを使用します。これはトンネルが FreeBSD
     側において point-to-point インタフェースになっていますが、 cisco が実際に
     は実装していないためです。

     protocol_number はトンネルモードを設定します。オリジナルの KA9Q NOS は 94
     を使用しますが、 ampr.org による世界規模のバックボーン用に多くの人が 4 を
     使用します。

     target はリモートのトンネルデバイスのアドレスで、リモート側で設定されたソ
     ースアドレスと一致する必要があります。


使用例

     こちら側、アドレス 192.168.59.34 の FreeBSD 箱:

           nos-tun -t /dev/tun0 -s 192.168.61.1 -d 192.168.61.2 192.168.56.45

     アドレス 192.168.56.45 のリモート cisco:

           interface tunnel 0
           ip address 192.168.61.2 255.255.255.252
           tunnel mode nos
           tunnel destination 192.168.59.34
           tunnel source 192.168.56.45


バグ

     ソースアドレスをマルチホームなマシンに設定するようなことは想定されていま
     せん。


作者

     Nickolay N. Dudorov <nnd@itfs.nsk.su> がプログラムを書き、 Poul-Henning
     Kamp <phk@FreeBSD.org> がマニュアルを書きました。 Isao SEKI
     <iseki@gongon.com> が新規フラグ、すなわち IP プロトコル番号を追加しまし
     た。

FreeBSD                         April 11, 1998                         FreeBSD

ABELNET VPSサービス