ngctl(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ngctl

前のページ 上に戻る 次のページ

ngctl




解説

     ngctl ユーティリティは、netgraph コマンド発行に使用可能な、 socket タイプ
     の netgraph ノードを作成します。 -f フラグを指定せず、コマンドライン上で
     command を指定しない場合で、標準入力が tty であるとき、 ngctl は対話モー
     ドに入ります。そうでない場合、 ngctl は与えられたコマンド (複数可) を実行
     し、すぐに終了します。

     ノードは、作成、削除、相互接続等が可能です。ノードがバイナリ / ASCII 制御
     メッセージの変換をサポートしている場合、そのノードに対して ASCII 形式の制
     御メッセージを送信可能です。

     対話モードでは、ソケットノードが受信したすべての制御メッセージとデータパ
     ケットを ngctl は表示します。制御メッセージについては、送出元のノードが変
     換をサポートしている場合には、メッセージの引数は ASCII 形式で表示されま
     す。

     オプションは次の通りです:

     -f nodeinfo
             指定したファイルからコマンドを読み込みます。単一のダッシュは標準
             入力を示します。空行および ``#'' から開始する行は無視されます。

     -n nodename
             新規作成された netgraph ノードに nodename を割り当てます。デフォ
             ルト名は ngctlXXX であり、 XXX はプロセス ID 番号です。

     -d      デバッグ用冗長レベルを増加します。


コマンド

     ngctl が現在サポートしているコマンドは次の通りです:

           connect    2 個のノードの接続
           debug      デバッグ用冗長レベルの取得/設定
           help       コマンドサマリの表示またはコマンドヘルプの取得
           list       全ノードの情報表示
           mkpeer     新規ノードを作成し既存ノードへ接続
           msg        ノードに対する ASCII 形式メッセージの送信
           name       ノードへの名前割り当て
           read       ファイルからのコマンド読み込みと実行
           rmhook     ノードフックの切断
           show       ノード情報の表示
           shutdown   ノードのシャットダウン
           status     ノードからの可読形式の状態取得
           types      組み込み済の全ノードタイプの表示
           quit       プログラムの終了

     コマンドには別名を持つものがあります。例えば ``ls'' は ``list'' と同じで
     す。 ``help'' コマンドは、使用可能なコマンドと、それらの用法と別名、短い
     解説を表示します。


診断

FreeBSD 4.4                    January 19, 1999                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス