nfsiod(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

nfsiod

前のページ 上に戻る 次のページ

nfsiod




解説

     nfsiod は NFS クライアントマシン上で動作し、サーバに対する非同期 I/O 要求
     を処理します。これによりパフォーマンスは向上しますが、正しい動作のために
     必要とされているわけではありません。

     オプションは以下の通りです:

     -n num_server
             サーバをいくつスタートさせるかを指定する。

     何も引数が指定されなければ、サーバは1つだけスタートします。

     クライアントは、最大限並行処理を行うのに十分な数のデーモンを実行するべき
     です。典型的には 4 つから 6 つです。

     動作中のカーネルに NFS サポートが含まれていないことを nfsiod が検出した場
     合、 nfsiodkldload(8) に含まれる vfsload(3) の機能を用いて、 NFS コー
     ドを含むローダブルカーネルモジュールをロードしようとします。これが失敗し
     た場合、または NFS KLD が存在しない場合、 nfsiod はエラーを返して終了しま
     す。

     nfsiod は、成功すれば 0 を、エラーが起きると 0 より大きな値を返して終了し
     ます。


関連項目

     nfsstat(1), nfssvc(2), kldload(8), mountd(8), nfsd(8), portmap(8)


歴史

     nfsiod ユーティリティは 4.4BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                   September 22, 1994                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス