nfsd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

nfsd

前のページ 上に戻る 次のページ

nfsd




解説

     nfsd は NFS サーバマシン上で実行され、クライアントからの NFS 要求に対する
     サービスを行います。サーバマシンとして動作させるには、最低でも 1 つの
     nfsd が動作していなければなりません。

     何も指定されない場合は、 UDP トランスポートを用いるサーバが 4 つ起動され
     ます。

     以下のオプションが利用可能です:

     -r      新たなサーバを生成せずに、 NFS サービスだけを portmap(8) に登録し
             ます。このオプションは、portmap サーバが再起動したときに NFS サー
             ビスを再登録するために、 -u-t オプションといっしょに使われま
             す。

     -n      スタートさせるサーバの数を指定します。

     -h bindip
             どの IP アドレスまたはホスト名をローカルホストに結び付けるかを指
             定します。ホストが複数インタフェースを持つ場合、本オプションが推
             奨されます。複数の -h オプションが指定可能です。

     -a      nfsd をワイルドカード IP アドレスに結び付けるべきことを指定しま
             す。 -h オプションを指定しないと、これがデフォルトです。 -h オプ
             ションを指定しても、本オプションを指定可能です。 -a を使用するか
             -h を使用しないことによってワイルドカード IP アドレスが結び付けら
             れた場合、 NFS/UDP は正しく動作しないことに注意してください。

     -t      TCP NFS クライアントに対するサービスを行います。

     -u      UDP NFS クライアントに対するサービスを行います。

     例えば、 ``nfsd -u -t -n 6'' は、 UDP と TCP トランスポートに対するサービ
     スを行う 6 つのデーモンを生成します。

     クライアントからの要求を最大限並列処理するのに十分な数のデーモンを実行す
     る必要があります。典型的には 4 個から 6 個です。

     nfsd は、 NFS サーバの仕様で示されているポートで、サービス要求を待ちま
     す。この仕様に関しては、 NFS: Network File System Protocol Specification,
     RFC1094, NFS: Network File System Version 3 Protocol Specification を参照
     してください。

     動作中のカーネルに NFS がロードされていないことを検出すると、 nfsdvfsload(3) を経由して kldload(8) により、 NFS をサポートしたロード可能カ
     ーネルモジュールを読み込もうとします。 nfsd は、これに失敗した場合、もし
     くは NFS KLD が用意されていないときにはエラー終了します。

     nfsd が複数インタフェースまたはインタフェースエイリアスがあるホスト上で実
     行する場合、 -h オプションの使用が推奨されます。本オプションを使用しない
     と、送信先と同じ IP アドレスからの UDP パケットにNFS が応答しないかもしれ

FreeBSD 4.4                     March 29, 1995                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス