newsyslog(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

newsyslog

前のページ 上に戻る 次のページ

newsyslog




解説

     newsyslogcron(8) から定期的に実行されるようにスケジュールされるべきプ
     ログラムです。実行されると、 newsyslog は必要に応じてログファイルを保存 (
     アーカイブ) します。あるログファイルを保存する必要があると判断すると、
     ``logfile'' が空になり、 ``logfile.0'' に前回のログファイルが入り、
     ``logfile.1'' に前々回のログが入り‥‥ といった具合に、ユーザが指定した数
     の保存ログが残るよう、 newsyslog はファイルを再編します。オプションによ
     り、保存ログを圧縮してスペースを節約することもできます。

     ログが保存される場合には 3 つの理由があります:

           1.   ログが設定サイズ (キロバイト数) より大きくなった。

           2.   前回ログを保存してから指定した時間が経過した。

           3.   ログ入れ替えを行う指定時間である。

     newsyslog の粒度は、このコマンドが cron(8) からどの程度の頻度で実行される
     かに依存しています。 newsyslog の実行は十分速いので、毎時間実行するように
     スケジュールしても悪影響はありませんし、第 3 のモード (前述) はそうなって
     いることを仮定しています。

     起動されると、 newsyslog は設定ファイルを読み込んで、どのログファイルが潜
     在的に保存されうるかを決定します。デフォルトでは、この設定ファイルは
     /etc/newsyslog.conf です。設定ファイルの各行には、 newsyslog が処理すべき
     特定のログファイルに関する情報を記述します。各行は 5 つの必須フィールド
     と、4 つのオプションフィールドからなり、それらは空白で区切られています。
     空行や ``#'' で始まる行は無視されます。設定ファイルの各フィールドは以下の
     通りです:

     logfile_name
             保存するシステムログファイル名。

     owner:group
             このフィールドはオプションであり、保存ファイルの所有者とグループ
             名を指定します。 owner あるいは group が空白のままである場合でも
             ":" は必須です。指定は数値、あるいは /etc/passwd/etc/group に
             ある名前で行います。

     mode    ログファイルと保存ログファイルのモードを指定します。

     count   ログファイルそのものに加えて保存しておく保存ファイルの数を指定し
             ます。

     size    ログファイルのサイズが size キロバイトに達すると、ログファイルは
             上記のように入れ換えられます。このフィールドがアスタリスク (`*')
             で置き換えられると、ログファイル入れ換えに際してそのサイズは考慮
             されなくなります。

     when    when フィールドは、インターバル、特定の時刻、もしくは双方のいずれ
             かです。 when フィールドがアスタリスク (`*') の場合、ログ入れ替え
             を指定することは、ほとんどできません。「1 時間以内」であることの
             み、比較するからです。

             ISO 8601 B>制B>限B>付B>時B>刻B>フB>ォB>ーB>マB>ッB>ト

             制限付 ISO 8601 時刻の先行文字は `@' 記号です。制約付 ISO 8601
             フォーマットでの特定の時刻の指定は次の通りです:
             [[[[[cc]yy]mm]dd][T[hh[mm[ss]]]]]です。日付フィールドはオプション
             であり、デフォルトは現在の日付の適切な部分です。時刻フィールドは
             オプションであり、デフォルトは深夜です。よって、今日が 1999 年 1
             月 22 日の場合、次の日付指定はすべて同等です:

                   `19990122T000000'
                   `990122T000000'
                   `0122T000000'
                   `22T000000'
                   `T000000'
                   `T0000'
                   `T00'
                   `22T'
                   `T'
                   `'

             B>日B>・B>週B>・B>月B>のB>時B>刻B>フB>ォB>ーB>マB>ッB>ト

             日・週・月の時刻フォーマットの先行文字は `$' 記号です。日・週・月
             の指定の特定のフォーマットはそれぞれ次の通りです: [Dhh],
             [Ww[Dhh]], [Mdd[Dhh]] 。オプションの時刻フィールドのデフォルト
             は、深夜です。日と時間の指定の範囲は次の通りです:

                   hh      時間であり、0 から 23 の範囲
                   w       曜日であり、0 から 6 の範囲で、0 が日曜日
                   dd      日であり、1 から 31 の範囲か、最終日を指定するため
                           の文字 L または l

             以下に例を示します:

                   $D0     毎晩深夜に入れ替えます
                   $D23    毎晩 23:00 に入れ替えます
                   $W0D23  毎週日曜日の 23:00 に入れ替えます
                   $W5D16  毎週金曜日の 16:00 に入れ替えます
                   $MLD0   毎月最終日の深夜に入れ替えます
                   $M5D6   毎月 5 日の 6:00 に入れ替えます

     flags   このフィールドはオプションであり、保存に際してログファイルに特別
             な処理を行うかどうかを指定します。 Z フラグを指定すると、スペース
             節約のために保存ファイルは gzip(1) で圧縮されます。 B フラグは
             ファイルがバイナリファイルであることを指示し、ログファイルが入れ
             換わったという意味で newsyslog が挿入する ASCII メッセージを含め
             ないようにします。 - は何も意味しませんが、 path_to_pid_file フィ
             ールドが指定された場合には埋め草として使用可能です。

     -f config_file
             設定ファイルとして /etc/newsyslog.conf に代えて config_file を使
             用します。

     -a directory
             アーカイブしたログファイルを書き込む directory を指定します。相対
             パスを指定した場合、これを各ログファイルのパスに後置したディレク
             トリに、このログファイルのアーカイブログを書き込みます。絶対パス
             を指定した場合、すべてのアーカイブログは指定した directory に書き
             込まれます。パス directory のコンポーネントが存在しない場合、
             newsyslog が実行されるときに生成されます。

     -v      newsyslog を詳細情報出力モードにします。このモードでは、ログを入
             れ換えるあるいはそれをスキップするたびに、そのログファイル名と理
             由を表示します。

     -n      実際にログの入れ換えは行わず、このオプションが指定されない場合に
             本来行うはずの処理内容を表示します。

     -r      newsyslog は root として動作しなければならない、という制約を取り
             除きます。もちろん、 newsyslogsyslogd(8) に HUP シグナルを送
             れなくなりますから、このオプションはデバッグにのみ用いるべきで
             す。

     -F      ログを入れ替える条件に合致しないとしても、強制的に newsyslog にロ
             グを入れ替えさせます。システムの問題を診断しているときには、この
             オプションの使用により、問題のみを含む新しいログを提供できるので
             有用です。

     追加のコマンド行引数を指定すると、 newsyslog はこれらの引数にマッチするロ
     グファイルのみを検査します。そうでない場合、設定ファイルに列挙された全
     ファイルを検査します。


関連ファイル

     /etc/newsyslog.conf      newsyslog の設定ファイル


バグ

     セキュリティ侵害を見つけるためにログを自動的に読むことは、まだ行っていま
     せん。


作者

     Theodore Ts'o, MIT Project Athena

     Copyright 1987, Massachusetts Institute of Technology


互換性

     以前のバージョンの newsyslog ユーティリティは、グループ名の識別にドット
     (``.'') を使用していました。 FreeBSD 3.3 からは、これはコロン (``:'') 文
     字になりましたので、ユーザ名とグループ名にドット文字を含めることが可能で
     す。後方互換性のために、ドット (``.'') 文字はまだ受け付けられます。


関連項目



ABELNET VPSサービス