newkey(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

newkey

前のページ 上に戻る 次のページ

newkey


     newkey -u username


解説

     newkey は通常、 Network Interface Service (NIS) のマスタマシンのネットワ
     ーク管理者によって実行され、ネットワーク上のユーザとスーパユーザの公開鍵
     を確立します。これらの鍵は、安全な RPC または安全な NFS を使用するために
     必要です。

     newkey は指定された username のログインパスワードの入力をうながし、指定さ
     れたユーザのログインパスワードで暗号化された公開/秘密鍵の組を
     /etc/publickey に作成します。

     このプログラムを使用する必要はありません: ユーザは各自の鍵を chkey(1) で
     作成してもかまいません。


オプション

     -h hostname
             指定されたマシンにおけるスーパユーザの公開鍵を、新規作成します。
             指定された hostname の root のパスワードの入力をうながします。

     -u username
             指定された username の公開鍵を、新規作成します。指定された user-
             name の NIS パスワードの入力をうながします。


関連項目

     chkey(1), keylogin(1), publickey(5), keyserv(8)


     Network Information Service (NIS) は、以前 Sun Yellow Pages (YP) として知
     られていました。両者は、機能的には同一であり、名前だけが変わりました。

FreeBSD 4.4                    October 12, 1987                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス