ndp(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ndp

前のページ 上に戻る 次のページ

ndp


     ndp -A wait [-nt]
     ndp -c [-nt]
     ndp -d [-nt] hostname
     ndp -f [-nt] filename
     ndp -H
     ndp -I [delete | interface]
     ndp -i interface [flags...]
     ndp -p
     ndp -P
     ndp -r
     ndp -R
     ndp -s [-nt] nodename ether_addr [temp] [proxy]


解説

     ndp コマンドは近隣探索プロトコル (NDP) で使用されるアドレスマッピングテー
     ブルを操作します。

     -a      現在存在する NDP エントリをダンプします。

     -A wait
             -a (NDP エントリのダンプ) を wait 秒毎に繰り返します。

     -c      全ての NDP エントリを削除します。

     -d      指定された NDP エントリを削除します。

     -f      filename で指定されたファイルを解析します。

     -H      ルーティングテーブルとデフォルトルータリストを一致させます; リス
             トの先頭のエントリをカーネルのルーティングテーブルリストにインス
             トールします。

     -I [delete | interface]
             デフォルトルータが存在しないとき、デフォルト経路として使用するデ
             フォルトインタフェースを表示または指定します。引数を指定しない
             と、現在のデフォルトインタフェースが表示されます。 interface を指
             定すると、そのインタフェースがデフォルトとして使用されます。特別
             なキーワード delete を指定すると、現在のデフォルトインタフェース
             がカーネルから削除されます。

     -i interface [flags...]
             指定されたインタフェースの ND 情報を表示します。追加の引数として
             flags を指定すると、そのフラグをインタフェースに対して設定または
             削除します。指定可能なフラグは次の通りです。すべてのフラグは特殊
             文字 `-' で開始可能であり、これはフラグを削除することを意味しま
             す。
             nud     インタフェースの NUD (Neighbor Unreachability Detection;
                     隣に到達不能であることの検知) を、オンまたはオフにしま
                     す。通常、NUD はデフォルトでオンです。

     -n      数値アドレスからホスト名への解決を試みません。

             プを表示します。 -A とともに用いると有効です。


戻り値

     ndp は成功時に 0 を、エラー時に 0 以外を返します。


関連項目

     arp(8)


歴史

     ndp コマンドは WIDE Hydrangea IPv6 プロトコルスタックキットではじめて登場
     しました。

FreeBSD 4.4                      May 17, 1998                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス