ndc(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ndc

前のページ 上に戻る 次のページ

ndc


         [command]


解説

     このコマンドを使用する事により、システム管理者はネームサーバを制御可能で
     す。 command を指定しないと、 ndc は、EOF を読み込むまでの間コマンド入力
     を促します。

     オプションは次の通りです:

     -c channel  制御チャネルのランデブポイントを指定します。デフォルトは
                 /var/run/ndc です (UNIX ドメインソケットであり、サーバのデ
                 フォルトの制御チャネルです)。要求する制御チャネルが TCP/IP ソ
                 ケットの場合、 channel 引数の書式は ipaddr/port になります (
                 例えば 127.0.0.1/54 は、ローカルホストの TCP ポート 54 になり
                 ます。)

     -l localsock
                 本オプションは、クライアント側の制御チャネルを特定のアドレス
                 に bind(2) します。特定のアドレス以外からの接続を拒否するよう
                 に、サーバを設定可能です。書式は channel のものと同じです (上
                 述参照)。

     -p pidfile  古いネームサーバとの後方互換性のため、制御通信用に ndc は
                 UNIX シグナルを使用可能です。この機能は現在のネームサーバでは
                 オプションであり、いつかすべて消滅します。使用可能な command
                 の集合は、シグナルによるインタフェースを使用した場合の方が狭
                 いことに注意してください。おそらく pidfile 引数は
                 /var/run/named.pid のようなものです。

     -d          デバッグ出力を有効にします。主に開発者が興味を持つものです。

     -q          プロンプトと結果のテキスト出力を抑制します。

     -s          致命的でないエラー出力を抑制します。

     -t          プロトコルとシステムのトレースを有効にします。インストール時
                 のデバッグに有用です。


コマンド

     いくつかのコマンドは ndc に組み込まれています。ネームサーバがサポートする
     完全なコマンドセットは動的であり、これは help コマンド (後述参照) で確認
     できるはずです。組み込みコマンドは次の通りです:

     /help       組み込みコマンド用のヘルプを提供します。

     /exit       ndc コマンドインタプリタから抜けます。

     /trace      トレース機能を切り替えます (前述の -t の記述を参照)。

     /debug      デバッグ機能を切り替えます (前述の -d の記述を参照)。

     /quiet      静寂機能を切り替えます (前述の -q の記述を参照)。

4th Berkeley Distribution      December 31, 1998     4th Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス