named-xfer(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

named-xfer

前のページ 上に戻る 次のページ

named-xfer


     debug_log_file] [-i ixfr_file] [-t trace_file] [-p port#] [-S] nameserver
     [[file ... axfr] | [ixfr]]


解説

     named-xfer は、 named(8) によって実行される補助プログラムです。インター
     ネットネームサーバから呼び出されて、ゾーン情報を受け取ります。直接実行さ
     れることはまれであり、ゾーン転送の問題を解決するためにシステム管理者にい
     よってのみ実行されることがある程度です。インターネットネームドメインシス
     テムについての詳細は、 RFC 1033 、1034 、1035 を参照してください。

     オプションとしては、以下のものがあります:

     -z zone_to_transfer
                 転送されるゾーン名を指定します。

     -f db_file  プライマリサーバーからゾーンが転送された際に、ゾーンの情報を
                 ダンプ (格納) する db_file のファイル名を指定します。

     -s serial_no
                 転送されるゾーンの情報のシリアル番号を指定します。プライマリ
                 サーバから得た SOA RR が、このシリアル番号よりも高いシリアル
                 番号を持たない場合は、転送は中止されます。

     -d debuglevel
                 デバッグ情報を出力します。 debuglevel 出力されるメッセージの
                 レベルを決定します。

     -l debug_log_file
                 デバッグメッセージのログファイルを指定します。デフォルトでは
                 システムに依存しますが、通常は /var/tmp または /usr/tmp で
                 す。このオプションは -d と同時に指定されたときのみ適用されま
                 すので注意してください。

     -i ixfr_file
                 ixfr_file の名前を指定します。 Incremental Zone Transfer
                 (IXFR) によりゾーン変更内容をプライマリサーバから受信すると、
                 このゾーン変更内容をこのファイルにダンプ (格納) します。

     -t trace_file
                 ゾーン情報転送のプロトコルトレースを格納するトレースファイル
                 trace_file を指定します。このオプションはネームサーバそのもの
                 をデバッグする人にとってのみ有益なのかもしれません。

     -p port#    デフォルト以外のポート番号を使用するときに指定します。デフォ
                 ルトの標準ポートナンバーは ``domain'' サービスの
                 getservbyname(3) の返す値になります。

     -S          SOA レコードと NS レコードの転送のみを許可し、ゾーンに対して
                 A レコードを結合します。 SOA レコードは named(8) によって読み
                 込まれませんが、 NS レコードをいつ検証するのかを決定するのに
                 使用されます。詳しくは named(8) の ``stubs'' を参照してくださ
                 い。

4th Berkeley Distribution        June 26, 1993       4th Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス