mountd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mountd

前のページ 上に戻る 次のページ

mountd




解説

     mountd は、他のクライアントマシンからの NFS マウント要求のためのサーバで
     す。 mountd は、 NFS サーバの仕様で示されているポート番号でサービス要求を
     待ちます。詳細は RFC1094 Network File System Protocol Specification の
     Appendix A と NFS: Network File System Version 3 Protocol Specification
     の Appendix I を参照してください。

     mountd では、以下のオプションや引数を指定できます:

     -2      このサーバからファイルシステムをマウントするクライアントに対し、
             管理者はバージョン 2 NFS プロトコルのみの使用を強制できます。

     -d      デバッグ情報を出力します。

     -l      成功した mountd 要求を記録します。

     -n      非 root からのマウント要求を許可します。このオプションは、クライ
             アントが PC であるなど、それがどうしても必要な場合にのみ使うよう
             にしてください。その場合、自動的に vfs.nfs.nfs_privport sysctl フ
             ラグがクリアされます。このフラグはカーネルが NFS 要求を受け付ける
             のが、予約されたポートからのみか否かを制御します。

     -r      通常ファイルに対するマウント RPC 要求を許可します。これは、マウン
             トプロトコルの仕様によると危険なようですが、いくつかのディスクレ
             スワークステーションは、スワップファイルをマウントしようとします
             し、それが通常ファイルであることを期待しています。通常ファイルは
             /etc/exports で指定できないので、スワップが置かれようとしている
             ファイルシステム全体が、 -alldirs フラグとともに公開されていなけ
             ればなりません。

     exportsfile
             exports ファイルの置き場所を指定します。

     起動されると、 mountdmount(2) システムコールによって、公開するホスト
     アドレスとオプションをカーネル内にロードします。公開設定ファイルを変更し
     た場合は、 mountd に対して回線切断シグナルを送って公開設定情報を再ロード
     する必要があります。 SIGHUP を送ったあと(例: kill -s HUP `cat
     /var/run/mountd.pid` )、exports ファイルにエラーがあるかどうか、 mountd
     の出力をチェックしてください。

     動作中のカーネルは NFS を組み込んでいないものであると判明した場合、
     mountd は、 vfsload(3) を用いる kldload(8) コマンドを使って、 NFS を含む
     ローダブルカーネルモジュールのロードを試みます。これが失敗するか、 NFS
     KLD が使用できない場合は、 mountd はエラー終了します。


関連ファイル

     /etc/exports         公開設定ファイル (エクスポートファイル)
     /var/run/mountd.pid  現在実行中の mountd のプロセス id ID
     /var/db/mountdtab    現在マウントされているリモートファイルシステムのリス
                          ト


ABELNET VPSサービス