mount_umap(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mount_umap

前のページ 上に戻る 次のページ

mount_umap




解説

     mount_umap は、ローカルシステムとは異なる uid, gid を使用するファイルシス
     テムのサブツリーをマウントするために使用します。そのようなファイルシステ
     ムには、別のサイトの NFS や別のパスワードを使用する場所から持って来たリム
     ーバブルメディア上のファイルシステムです。

     mount_umap はユーザが提供するファイルのセットを使用し、サブツリーの元の環
     境とローカルの環境との uid, gid の対応を取ります。元の環境では smith は
     uid 1000 を持ち、ローカル環境では uid 2000 を持ちます。 mount_umap
     は、smith のオリジナルの環境で持っているファイルを次のようにマップさせま
     す: uid 1000 が所有するファイルを、実際には uid 2000 が所有者であるかのよ
     うに見せます。

     以下のオプションを使用可能です:

     -o      -o のあとに、コンマで区切ってオプション文字列を指定することができ
             ます。可能なオプションとその意味は mount(8) を参照してください。

     target  ローカルシステムの名前空間において、サブツリーの現在位置。

     mount-point
             マップされたサブツリーが置かれるディレクトリ。

     -u uid-mapfile

     -g gid-mapfile
             識別子の対応が記述されます。それぞれのファイルの1行目には、その
             ファイルがいくつの対応を持っているかを記述します。 2行目からは、
             各行に対応を記述します。最初の項目はローカル環境での id で、次の
             項目がオリジナル環境での idで、項目は空白で区切ります。
             uid-mapfile にはすべての uid の対応を、 gid-mapfile にはすべての
             gid の対応を記述するべきです。 uid-mapfile に記載されない uid は
             NOBODY と、 gid-mapfile に記載されない gid は NULLGROUP と扱われ
             ます。 uid の対応は64個まで、gid の対応は16個まで記述することがで
             きます。

     マップファイルはファイル階層のどこにでも置くことができますが、ファイルの
     所有者はrootで、rootのみが書き込めるようにしておかなければなりません。
     mount_umap は、もしこれらのファイルの所有者や権限が不適切な場合はサブツリ
     ーをマップしません。もしマップファイルの1行目の対応数と実際の対応数が異な
     る場合も、実行を停止します。

     mount_umap コマンドで作られるファイルシステム層は、簡単なファイルシステム
     層の例となっています。商品としての利用は考えられていません。そのため、あ
     まり洗練された実装ではありません。


関連項目

     mount(8), mount_null(8)


バグ

     本ファイルシステムタイプは、まだ完全にはサポートされていません (注: 機能

ABELNET VPSサービス