mount_procfs(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mount_procfs

前のページ 上に戻る 次のページ

mount_procfs


     mount_fsname [-o options] fs mount_point


解説

     mount_std は ``標準'' ファイルシステムをファイルシステムにマウントする一
     般的な機構です。 mount_std は現在以下のファイルシステムをサポートしていま
     す: fdesc, kernfs, linprocfs, procfs 。 ``標準'' ファイルシステムは:

           1.   標準の -o オプションだけを受け付けます ``ro'' (``rdonly''),
                ``rw'', ``nodev'', ``noexec'', ``nosuid'', ``union'' 。

           2.   ユーザに見える名前と同じ、カーネルファイルシステムモジュール名
                を持ちます。

           3.   mount_std では特別な処理を行う必要は有りません。

     オプションを以下に示します:

     -o      -o フラグの後には、コンマで区切ったオプション文字列を指定すること
             ができます。指定可能なオプションとその意味は、 mount(8) マニュア
             ルページを参照して下さい。

     mount_std は 0 番目のコマンドライン引数(呼ばれたコマンド名)を検査し、マウ
     ントすべきファイルシステムを判定します。これが ``_fsname'' で終らない場
     合、 mount_std は( mount(8) と同じく)、ファイルシステムタイプの名前のみが
     0 番目の引数に格納されていると見倣します。 mount_std は、この様にマウント
     される分散ファイルシステムのコマンドへの適切なリンクとして、通常はインス
     トールされます。各ファイルシステムの機能に関しては、 mount_fsname を御覧
     下さい。

     ファイルシステムに関する詳細は以下のマニュアルページを参照下さい:
     fdesc(5), kernfs(5), linprocfs(5), procfs(5)

診断

     argv[0] must end in _fsname  mount_std コマンドが ``mount_std'' の 0 番目
     の引数のコマンドとして呼ばれました。

     vfsload(%s)  mount_std は %s ファイルシステムタイプを実装するカーネルモ
     ジュールをロードできません。

     %s filesystem not available  固有のファイルシステムタイプがカーネル中に存
     在せず、ロード可能なモジュールが見付かりません。


関連項目

     mount(2), unmount(2), getvfsbyname(3), fdesc(5), fstab(5), kernfs(5),
     linprocfs(5), procfs(5), mount(8)


注意

     ``標準'' ファイルシステムは NFS エクスポートできません。


歴史

     mount_std は FreeBSD 2.2 から登場しました。ロード可能なファイルシステムモ
     ジュールは FreeBSD 2.0 から登場しました。 ``fdesc'', ``kernfs'',

ABELNET VPSサービス