mount_portal(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mount_portal

前のページ 上に戻る 次のページ

mount_portal




解説

     mount_portal コマンドは、ポータルデーモンが提供するインスタンスをファイル
     システムの名前空間に付加します。慣例的なマウントポイントは /p です。この
     コマンドは、通常、ブート時に mount(8) によって実行されます。

     オプション:

     -o      オプションは -o のあとにオプション文字列をコンマで区切って並べる
             ことにより指定します。指定できるオプションとそれらの意味は
             mount(8) を参照してください。

     ポータルデーモンは open サービスを提供します。ポータルマウントポイント下
     でオブジェクトをオープンすると、ポータルデーモンは設定ファイル中で指定さ
     れたルールに従って動的にそのオブジェクトを生成します。この機構を使えば、
     ソケットなどのディスクリプタをファイルシステムの名前空間の中で使うことが
     できるようになります。

     ポータルデーモンは、オープンしようとするオブジェクトのフルパス名を与える
     ことによって動作します。デーモンは、設定ファイル中のルールに従って適切な
     ディスクリプタを生成し、このディスクリプタを open システムコールの戻り値
     として呼び出しプロセスに返します。


名前空間

     慣例に従い、ポータルデーモンは名前空間を部分名前空間に分割します。それぞ
     れの部分名前空間は特定の型のオブジェクトを扱います。

     次の部分名前空間が実装されています: tcplisten, tcp, fstcplisten 名前
     空間はスラッシュで区切られるホスト名とポートを与えられ、指定されたホスト
     名とポートの組にバインドされる TCP/IP ソケットを作成します。ホスト名は
     "ANY" を指定することが可能であり、この場合他のどんなホストであってもこの
     ソケットに接続可能です。ポート番号 0 を指定すると動的にポートを割り当てま
     す。返されるファイルディスクリプタを使用して getsockname(2) を呼び出すこ
     とで、割り当てられたポートを得られます。特権ポートに対するバインドは、ス
     ーパユーザのみ可能です。 tcp 名前空間はホスト名とポート番号(スラッ
     シュ``/''で区切られる) を与えられることで TCP/IP 接続を確立します。 fs 名
     前空間は、ルートディレクトリまで戻ってそこからたどった名前のファイルをオ
     ープンします。これは chroot によってルートディレクトリが変更された環境に
     おいて、もとのファイルシステムをアクセスする手法を安全に提供するために使
     用できます。


設定ファイル

     設定ファイルはルールのリストによって構成されます。それぞれのルールは 1行
     に書かれ、空白で区切られた2つ以上のフィールドからなります。ハッシュ記号
     (``#'')から行末までは無視されます。空行も無視されます。

     第1フィールドはパス名のプレフィックスで、要求されたパス名と比較されます。
     一致するものが見つかると、第2フィールドがデーモンに渡されてどの型のオブ
     ジェクトを生成するかが示されます。その後に続くフィールドは生成関数に渡さ
     れます。

           # @(#)portal.conf       5.1 (Berkeley) 7/13/92

     mount_portal は 4.4BSD から登場しました。

4.4BSD                          March 27, 1994                          4.4BSD

ABELNET VPSサービス