mount_ntfs(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mount_ntfs

前のページ 上に戻る 次のページ

mount_ntfs




解説

     mount_ntfs コマンドは、デバイス special 中の NTFS ファイルシステムを、グ
     ローバルファイルシステム名前空間の node で示される位置へ接続します。通
     常、このコマンドはブート時に mount(8) により実行されます。任意のユーザ
     が、自己が所有するディレクトリ上に NTFS ファイルシステムをマウントするた
     めに使用することも可能です (もちろん、ファイルシステムを含むデバイスへの
     適切なアクセス権限が必要です)。

     オプションは次の通りです:

     -a      readdir() においても、MS-DOS 8.3 形式の名前を返す振舞いを強制しま
             す。

     -i      POSIX 名以外のすべての名前に対し、名前検索で大文字小文字を区別し
             ないようにします。

     -u uid  ファイルシステム中のファイルの所有者を uid に設定します。デフォル
             トの所有者は、ファイルシステムがマウントされたディレクトリの所有
             者です。

     -g gid  ファイルシステム中のファイルのグループを gid に設定します。デフォ
             ルトのグループは、ファイルシステムがマウントされたディレクトリの
             グループです。

     -m mask
             ファイルシステム中のファイルの、最大のパーミッションを指定しま
             す。


特徴

     NTFS のファイル属性は、次のようにアクセスされます:

           foo[[:ATTRTYPE]:ATTRNAME]

     `ATTRTYPE' は、ボリュームの $AttrDef ファイルに列挙されている識別子のうち
     のひとつです。デフォルトは $DATA です。 `ATTRNAME' は属性の名前です。デ
     フォルトは none です。


使用例

     /dev/ad1s1 の ntfs ボリュームをマウントするには、次のようにします:

           # mount_ntfs /dev/ad1s1 /mnt

     ボリューム名を (Unicode で) 取得するには、次のようにします:

           # cat /mnt/\$Volume:\$VOLUME_NAME

     ディレクトリの生のデータを読み込むには、次のようにします:

           # cat /mnt/foodir:\$INDEX_ROOT:\$I30


書き込み


作者

     NTFS のカーネル実装と、 mount_ntfs と、マニュアルを、 Semen Ustimenko
     <semenu@FreeBSD.org> が記述しました。

FreeBSD                         January 3, 1999                        FreeBSD

ABELNET VPSサービス