mount_nfs(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mount_nfs

前のページ 上に戻る 次のページ

mount_nfs


               [-L leaseterm] [-R retrycnt] [-a maxreadahead] [-g maxgroups]
               [-m realm] [-o options] [-r readsize] [-t timeout]
               [-w writesize] [-x retrans] rhost:path node


解説

     mount_nfs は、ファイルシステムツリー上の指定された node にリモートの NFS
     ファイルシステム (rhost:path) をマウントするために、 mount(2) システムコ
     ールを呼び出します。このコマンドは通常、 mount(8) によって実行されます。
     このプログラムは、RFC 1094 の Appendix. A および NFS: Network File System
     Version 3 Protocol Specification, Appendix I.  に記述されているマウントプ
     ロトコルを実装しています。

     デフォルトでは、マウントが成功するまで、 mount_nfs はリトライを続けます。
     この動作は、 fstab(5) に列挙された、ブート処理に必須なファイルシステムで
     の使用を意図しています。必須ではないファイルシステムには、 -b および -R
     のフラグを使用して、サーバが利用不可の場合でもブート処理がハングしないよ
     うにできます。

     NFS ファイルシステムのマウント中にサーバが応答しなくなった場合、当該ファ
     イルシステム上の新規または未解決のファイル処理は、サーバが回復するまで、
     割り込まれることなくハングします。このデフォルトの動作を修正するには、 -i-s のフラグを見てください。

     オプションを以下に示します:

     -2      NFS バージョン 2 プロトコルを使用します (デフォルトはバージョン 3
             をまず試した後にバージョン 2 を用います)。 NFS バージョン 2 で
             は、ファイルサイズは 2 ギガバイトに制限されることに注意してくださ
             い。

     -3      NFS バージョン 3 プロトコルを使用します。

     -D      NQNFSにおいて ``停止サーバ閾 (dead server threshold)'' をタイムア
             ウト (round trip timeout) 回数で指定します。再送タイムアウト回数
             が ``停止サーバ閾'' に達した後は、無応答なサーバに関するキャッ
             シュデータをいまだ有効なものと見倣します。値は 1 から 9 までで、9
             は ``無限停止閾 (infinite dead threshold)'' です (キャッシュデー
             タを有効と見倣す事はありません)。このオプションは一般に薦められる
             ものではなく実験的なものです。

     -I      readdir での読み取りサイズを指定した値にします。値は通常 BIRBLK-
             SIZ の倍数であり、マウントの読み取りサイズ以下です。

     -K      クライアント - サーバ間のユーザ認証用に Kerberos 認証書をサーバへ
             渡します。カーネルが NFSKERB オプションにて構築されている必要があ
             ります。適切な Kerberos 暗号化ルーチンを NFS ソース内に組み込まな
             い場合、このオプションを使用すると、カーネルコンパイルが出来なく
             なります (インターネットドラフト Authentication Mechanisms for
             ONC RPC を御覧下さい)。

     -L      NQNFS において、リース期間を指定した秒数にします。応答遅延 (round
             trip delay) が大きな場合だけ使って下さい。値は通常、10 秒から 30
             ライ数は 0 であり、これは永遠にリトライを続けることを意味します。
             各リトライの間隔は 60 秒です。

     -T      UDP の代わりに TCP を使います。これは、サーバがクライアントと同じ
             LAN ケーブル上にない場合に使うことをお勧めします (注意: この機能
             は大抵の非 BSD サーバではサポートされていません)。

     -U      TCP NFS マウントであっても、マウントプロトコルに UDP を強制しま
             す。 (古い BSD サーバにて必要です。)

     -a      先読みブロック数を指定した値に設定します。値は 0 から 4 までの範
             囲で、サイズの大きなファイルをシーケンシャルに読む場合、何ブロッ
             ク先読みするかを決定します。帯域幅×遅延が大きな状況でマウントす
             る場合に 1 より大きな値をお勧めします。

     -b      最初にサーバの接続に失敗した場合、子プロセスを起動して、バックグ
             ラウンドでマウントを続けようとします。マルチユーザモードで起動す
             る際、重要でないファイルシステムを fstab(5) に書いておく場合に役
             に立ちます。

     -c      UDP マウントポイントに対しては、 connect(2) を使いません。これ
             は、標準のポート番号 2049 からのリクエストに答えないサーバに対し
             ては使う必要があります。

     -d      再送タイムアウト時間を動的に予測しません。これは、動的に予測され
             る再送タイムアウト時間が非常に短いために、 UDP マウントが高いリト
             ライレートを示しているような場合に有効です。

     -g      認証用のグループリストの最大サイズを、指定した値に設定します。
             RFC 1057 ではグループリストのサイズは 16 と記述されていますが、こ
             れを扱えない古いサーバをマウントするときに使うべきです。多くのグ
             ループに属しているユーザに対してマウントポイントから応答がない場
             合は、8 を指定してみて下さい。

     -i      マウントを割り込み可能とします。これは、応答しないサーバがあるた
             めにファイル関連のシステムコールが遅れるような場合、プロセスに終
             了シグナルが送られると、EINTR でシステムコールが失敗することを意
             味します。

     -l      NQNFS と NFSV3 において、Readdir_and_Lookup RPCを使うことを指定し
             ます。このオプションは ``ls -l'' するようなときに RPC のトラ
             フィックを減らしますが、属性と名前のキャッシュをプリフェッチエン
             トリで溢れさせる傾向があります。このオプションを指定して性能が良
             くなるのか悪くなるのかを確認して下さい。バンド幅と遅延の積が大き
             なネットワークにて最も有用でしょう。

     -m      Kerberos の管理領域を文字列で指定します。他の管理領域にマウントす
             る場合に -K オプションと共に使います。

     -o      -o フラグの後に、オプションをコンマで区切って並べ指定します。指定
             可能なオプションとその意味は mount(8) を参照してください。以下の
             NFS 固有のオプションを使用可能です:
                     の 4 つの値は、``ディレクトリ'' および ``通常'' (ディレク
                     トリ以外) の上限および下限を決定します。デフォルトでは、
                     通常ファイルは 3 から 60 秒、ディレクトリは 30 から 60 秒
                     です。タイムアウトの算出アルゴリズムはファイルの古さを元
                     にするものです。ファイルが古くなると、キャッシュが有効で
                     あると見倣す期間も長くなり、上記限界に近付きます。

             B>歴B>史B>的B>な -o B>オB>プB>シB>ョB>ン

             これらのオプションを使用する事は勧められません。歴史的な
             mount_nfs との互換性のためにここに記述してあります。

             bg           -b と同じ。

             conn         -c を指定しない場合と同じ。

             dumbtimer    -d と同じ。

             intr         -i と同じ。

             kerb         -K と同じ。

             nfsv2        -2 と同じ。

             nfsv3        -3 と同じ。

             rdirplus     -l と同じ。

             mntudp       -U と同じ。

             resvport     -P と同じ。

             seqpacket    -p と同じ。

             nqnfs        -q と同じ。

             soft         -s と同じ。

             tcp          -T と同じ。

     -q      Not Quite NFS (NQNFS) プロトコルを使用します。この実験的なプロト
             コルは、 NFS バージョン 3 のリース拡張に似た機能を、NFS バージョ
             ン 2 に加えたものです。このプロトコルの他のシステムとの相互動作は
             非常に限定されており、この実装は広くは使用されていません。なにを
             しようとしているのか正しく理解せずに、本オプションを使用しないで
             ください!

     -r      データのリードサイズを指定した値にします。この値は通常 1024 以上
             の 2 のべき乗でなければなりません。これはマウントポイントを頻繁に
             使っている間に、 ``タイムアウトで消失したフラグメント数'' が大き
             くなっていくときに、UDP マウントに対して使います (netstat(1)-s オプション付きで使うことで、 ``タイムアウトで消失したフラグメ

     -w      指定した値にライトデータサイズを設定します。解説は -r オプション
             と同様ですが、 ``タイムアウトで消失したフラグメント数'' は、クラ
             イアントのかわりにサーバの値を使います。 -r-w のオプション
             は、マウントするサーバが TCP マウントをサポートしていない場合にパ
             フォーマンスを向上させる最後の手段であることに注意してください。

     -x      ソフトマウントの再送タイムアウト回数を設定します。


関連項目

     mount(2), unmount(2), fstab(5), mount(8), nfsd(8), nfsiod(8),
     showmount(8)


バグ

     Sun RPCは UDP (信頼性のないデータグラム) トランスポート層上に実装されてい
     るため、マウントの性能をチューニングしても限界があります。サーバが同じ
     LAN ケーブル上にない場合や、サーバの負荷が高い場合には、 TCP トランスポー
     トを使うことを強くすすめますが、残念なことに、ほぼ 4.4BSD サーバに限られ
     ています。

4.4BSD                          March 29, 1995                          4.4BSD

ABELNET VPSサービス