mount_msdos(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mount_msdos

前のページ 上に戻る 次のページ

mount_msdos


                 [-L locale] [-W table] special node


解説

     mount_msdos コマンドは、デバイス名 special 上の MS-DOS ファイルシステム
     を、グローバルファイルシステムの名前空間の node の示す位置に接続します。
     通常このコマンドは、ブート時に mount(8) によって実行されますが、任意のユ
     ーザが、自分の所有する任意のディレクトリに MS-DOS ファイルシステムをマウ
     ントするために使うこともできます。 (もちろん、そのファイルシステムを含む
     デバイスに対して適切なアクセスを行えることが条件ですが。)

     オプションは以下のものが使用できます:

     -o options
             指定されたマウントオプション optionsmount(8) の記述通りに使用
             します。または、MSDOS ファイルシステム固有のオプション
             shortnames, longnames, nowin95 のいずれか 1 個を使用します。これ
             らは、マウントされるファイルシステムにおける Windows の名前の変換
             に影響します。

     -u uid  ファイルシステム上のファイルの所有者を uid にします。デフォルトの
             所有者はファイルシステムがマウントされるディレクトリの所有者で
             す。

     -g gid  ファイルシステム上のファイルのグループを gid にします。デフォルト
             のグループはファイルシステムがマウントされるディレクトリのグルー
             プです。

     -m mask
             ファイルシステム上のファイルの最大のパーミッションを指定します。
             (例えば、 mask 755 は、デフォルトで、所有者がファイルの読み書き実
             行の権限を持ち、他のユーザが読みと実行の権限だけを持つことを指定
             します。 8 進のファイルモードに関しては chmod(1) を御覧下さい。)
             mask の下位 9 ビットのみが使用されます。デフォルトの mask は、
             ファイルシステムがマウントされるディレクトリから取得されます。

     -s      Win'95 のロングファイル名を無視し、生成しないよう、強制します。

     -l      Win'95 のロングファイル名のリストおよび生成を強制し、生成/修正/ア
             クセス日を分離するように強制します。

             -s-l も指定されない場合、 mount_msdos は既存の Win'95 のロン
             グファイル名からマウントすべきファイルシステムのルートディレクト
             リを探してマウントします。このようなエントリが見付からなかった場
             合で、短い DOS ファイル名が見付かった場合、 -s がデフォルトです。
             そうでない場合、 -l が仮定されます。

     -9      ファイルを削除およびリネームするときにおいても、特殊な Win'95 の
             ディレクトリエントリを無視します。これは -s を強制します。

     -L locale
             DOS と Win'95 の国際大文字小文字名前変換において使用されるロケー
             ル名を指定します。デフォルトでは ISO 8859-1 がローカルな文字セッ
             3.   DOS 名に対して、ローカル文字セットから DOS へ変換する表 (上
                  半分) であり、行ごとに 8 個に分割された 128 文字コードです。
                  特殊な意味を持つコードがあります:

                  0x00    DOS フィイル名において禁止されている文字;

                  0x01    DOS ファイル名において '_' に変換されるべき文字;

                  0x02    DOS ファイル名においてスキップされるべき文字;

             デフォルトでは ISO 8859-1 がローカル文字セットとして仮定されま
             す。パスが絶対パスでない場合、 /usr/libdata/msdosfs/ プレフィック
             スが前に付きます。


関連ファイル

     /usr/libdata/msdosfs  文字セット変換表のデフォルトの置き場所


関連項目

     mount(2), unmount(2), fstab(5), mount(8)


警告

     Win'95 で使用しているものと同様の手続きを使用して注意しているにもかかわら
     ず、 -9 フラグを使用するとファイルシステムを破壊することがあります。

     FreeBSD 2.1 およびそれ以前のバージョンでは 16K より大きなクラスタサイズを
     扱えませんでした。 MS-DOS ファイルシステムをマウントするだけで、そのファ
     イルシステムを破壊してしまうことがありました。 16K より大きなクラスタサイ
     ズは 1G より大きなファイルシステムでは避けようがありませんし、 1G より大
     きなファイルシステムを FIPS で縮めたときにも発生し得ます。


歴史

     mount_msdos は FreeBSD 2.0 にて初めて登場しました。この元になった、
     mount_pcfs は FreeBSD 1.0 にて登場しましたが、よりそれらしい名前の
     mount_msdos が出来たため廃止されました。

FreeBSD 4.4                      April 7, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス