mount_mfs(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mount_mfs

前のページ 上に戻る 次のページ

mount_mfs


           [-b block-size] [-c cylinders] [-d rotdelay] [-e maxbpg]
           [-f frag-size] [-i bytes] [-k skew] [-l interleave] [-m free space]
           [-n rotational positions] [-o optimization] [-p sectors]
           [-r revolutions] [-s size] [-t tracks] [-u sectors] [-v]
           [-x sectors] special
     mount_mfs [-NU] [-F file] [-T disktype] [-a maxcontig] [-b block-size]
           [-c cylinders] [-d rotdelay] [-e maxbpg] [-f frag-size] [-i bytes]
           [-m free space] [-n rotational positions] [-o options] [-s size]
           special node


解説

     newfs は、わかりにくい mkfs(8) の代わりとなるものです。 newfsmount_mfs を走らせる前に、 disklabel(8) を使ってディスクラベルが書き込ん
     でいなければなりません。 newfs は、指定した特殊ファイルにファイルシステム
     を作成します。 (しばしば ``特殊ファイル'' を ``ディスク'' として扱います
     が、特殊ファイルは物理ディスクである必要はありません。事実、特殊ファイル
     である必要もありません。) デフォルト値はたいてい妥当な値となりますが、
     newfs にはこの値を変更するための数多くのオプションがあります。

     mount_mfs は、仮想メモリ上にファイルシステムを構築し、指定したノードにそ
     のファイルシステムをマウントするために使います。ファイルシステムがアンマ
     ウントされると、 mount_mfs は終了し、このファイルシステムの内容は失われま
     す。 mount_mfs にシグナルが送られると、ファイルシステムをアンマウントしよ
     うとします。たとえば、シャットダウンする場合がこれにあたります。
     mount_mfs に指定するパラメータは newfs のものと同じです。 -T フラグが指定
     されると (下記参照)、特殊ファイルを使用しません。そうでない場合、特殊ファ
     イルはディスクラベルを読むためにのみ使われ、それによってメモリベースファ
     イルシステムへのコンフィギュレーションパラメータが得られます。この特殊
     ファイルは通常、第一スワップ領域を指定します。というのは、フリーメモリが
     少なくなって、ファイルシステムをサポートするメモリ領域がページングされる
     とき、ファイルシステムがそこにバックアップされるからです。

     以下のオプションにて一般的な配置方針を定義します。

     -T disktype
             過去のものとの互換性のためと mount_mfs のための物です。

     -F file
             mount_mfs は、ファイルシステムのイメージとしてこのファイルを使用
             します。 mount_mfs が終了した時、このファイルは残されます。

     -N      実際にはファイルシステムを構築せずに、ファイルシステムパラメータ
             の表示のみを行います。

     -O      4.3BSD フォーマットのファイルシステムを作成します。このオプション
             は、古いブート ROM が理解できるルートファイルシステムを使う必要が
             ある場合に使います。

     -T      指定したディスクのための情報を /etc/disktab から得て、disklabel
             を使用しません。

     -U      ソフトアップデートを新規ファイルシステム上で有効にします。
             デフォルトは 16 です。最大値は、他の多くのパラメータ、特にブロッ
             クサイズに依存します。特定のファイルシステムに対する最大値を知る
             ための最良の方法は、とても大きな値を指定しようとすることです:
             newfs は最大値を表示します。

     -d rotdelay
             かつては、同じシリンダに対して他のディスク転送を開始するために要
             する最小時間をミリ秒で指定しました。この値は、ファイル中の各ブ
             ロックを、回転に対して最適に配置するために使用しました。読み込み/
             書き込みを背後で行う近年のディスクでは、この機能を無効にした方が
             性能が高いです。よって、この値はデフォルト値の 0 ミリ秒に設定すべ
             きです。 tunefs(8) を参照してください。

     -e maxbpg
             単一のファイルが他のシリンダグループへまたがることを強制される前
             に、 1 つのシリンダグループから割り当てることのできる最大のブロッ
             ク数を指定します。デフォルト値は、シリンダグループのブロック数の
             約 1/4 です。このオプションの詳細については、 tunefs(8) を参照し
             てください。

     -f frag-size
             ファイルシステムのフラグメントサイズをバイト単位で指定します。
             blocksize/8 から blocksize までの範囲の、2 のべき乗である必要があ
             ります。

     -i number of bytes per inode
             ファイルシステム中の i ノードの密度を設定します。デフォルトは、
             (4 * フラグメントサイズ) バイトのデータ領域ごとに 1 つの i ノード
             を作ります。 i ノード数を少なくしたい場合は大きな値を指定し、 i
             ノード数を多くしたい場合は小さな値を指定します。各ファイルに対し
             て i ノードが 1 個必要ですので、ファイルシステム上の平均ファイル
             サイズを、この値は効果的に指定します。

     -m free space %
             通常のユーザからは保護されている領域のパーセンテージを指定しま
             す。これは最低限の空き領域のしきい値となります。デフォルト値は
             <ufs/ffs/fs.h> にて MINFREE と定義され、現在 8% です。このオプ
             ションの詳細については、 tunefs(8) を参照してください。

     -n number of distinguished rotational positions
             UFS には、異なった回転位置にある利用可能なブロックを管理する能力
             があります。これにより、最小の回転遅延でデータを拾えるように、デ
             ータをレイアウト可能です。このパラメータは、区別すべき回転位置数
             のデフォルトを指定します。

             今日では、この値は 1 に設定すべきです (回転位置テーブルを無効にし
             ます)。先読みと後書きがある近年のドライブでは、回転位置テーブル無
             しの方が性能がよいからです。

     -o optimization preference
             (spacetime) ブロック確保に費す時間を最小にするか、ディスク上
             のフラグメント領域を最小にするかを、ファイルシステムに指示しま

     次のオプションは、ディスクジオメトリの標準設定を変更します。デフォルトの
     値はディスクラベルから得られます。これらの値を変更するのは、最初にファイ
     ルシステムを構築したときとは異なるタイプのディスク上でロウイメージを使用
     してファイルシステムを構築するようなときだけです (たとえば、ライトワンス
     ディスク上など)。これらの値をデフォルトの値から変更すると、標準のスーパブ
     ロックが壊れたときに、 fsck(8) が代替のスーパブロックを見つけることができ
     なくなるので注意してください。

     -S sector-size
             セクタサイズ (バイト単位) です (通常 512 以外は使用しません)。

     -k sector 0 skew, per track
             遅いコントローラを補うためにメディアのフォーマット時の補正を指定
             します。トラックスキューは同じシリンダ上のトラック N のセクタ 0
             とトラック N-1 のセクタ 0 のオフセットです。このオプションは、歴
             史的には重要でした。近年のコントローラは十分高速であり、操作を続
             けざまに (back-to-back で) 行います。

     -l hardware sector interleave
             遅いコントローラを補うためにメディアのフォーマット時の補正を指定
             します。インタリーブはトラック毎の物理セクタのインタリーブで、次
             の比の分母で定義されます:
                   読まれるセクタ/通過するセクタ
             つまりインタリーブの 1/1 は連続的に配置されていることを、 1/2 は
             論理セクタ 0 と論理セクタ 1 との間に 1 セクタあることを示します。
             このオプションは、歴史的には重要でした。近年のディスクの物理レイ
             アウトは、外部からは見えません。

     -p spare sectors per track
             予備セクタ (不良セクタと置き換えるセクタ) は、各トラックの最後の
             物理セクタを使用します。これらには、ファイルシステムとしてデータ
             を割り当てることができないため、セクタ/トラック (-u) に含まれませ
             ん。このオプションは、歴史的には重要でした。近年のディスクは、
             ディスク固有の不良セクタ割り当てを行います。

     -r revolutions/minute
             1 分間あたりのディスク回転速度を指定します。この値はもはや価値が
             ありません。この値に依存するすべてのパラメータは、通常は無効に
             なっているからです。

     -t #tracks/cylinder
             ファイルシステムによってデータを割り当てることができるシリンダあ
             たりのトラック数です。デフォルトは 1 です。0 が設定された場合には
             ディスクラベルに指定されている値が使われます。

     -u sectors/track
             ファイルシステムによってデータを割り当てることができるトラックあ
             たりのセクタ数です。デフォルトは 4096 です。 0 が設定された場合に
             はディスクラベルに指定されている値が使われます。この値には、各ト
             ラックの最後に確保される不良ブロックの置き換えのための予備セクタ
             は含まれません ( -p オプションを参照)。

             い。


使用例

           mount_mfs -s 131072 -o nosuid,nodev,nosymfollow /dev/da0s1b /tmp

     mount(8)nosuid, nodev, nosymfollow のオプションを指定し、 64 MB の大
     きさのメモリファイルシステムを /tmp にマウントします。


バグ

     FreeBSD のブートコードは、カーネルが置かれているファイルシステムのブロッ
     クサイズが 8 キロバイトでフラグメント 1 キロバイトであることを仮定してい
     ます。他のサイズを使用しているファイルシステムからブートすることはできま
     せん。


関連項目

     fdformat(1), disktab(5), fs(5), camcontrol(8), disklabel(8), diskpart(8),
     dumpfs(8), fsck(8), mount(8), tunefs(8)

     M. McKusick, W. Joy, S. Leffler, and R. Fabry, "A Fast File System for
     UNIX", ACM Transactions on Computer Systems 2, 3, pp 181-197, August
     1984, (reprinted in the BSD System Manager's Manual).


歴史

     newfs コマンドは、 4.2BSD から登場しています。

4.2 Berkeley Distribution      December 19, 2000     4.2 Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス