mount_cd9660(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mount_cd9660

前のページ 上に戻る 次のページ

mount_cd9660




解説

     mount_cd9660 コマンドは、デバイス名 special 上の ISO-9660 ファイルシステ
     ムを、グローバルファイルシステムの名前空間の node の示す位置に接続しま
     す。通常このコマンドは、ブート時に mount(8) によって実行されます。

     オプションは、次の通りです:

     -b      補助ボリューム記述フラグ欄のチェックを緩めます。この欄に誤った値
             が設定されている、Joliet フォーマットのディスクがあります。

     -e      拡張属性を使用します。

     -g      ファイルのバージョン番号を取り除きません (デフォルトでは、ディス
             ク上に異なったバージョン番号を持つファイルが存在する場合、最新の
             ものだけが見えます)。どちらの場合でも、明示的にバージョン番号を指
             定しなくてもファイルをオープンする事が出来ます。

     -j      ファイルシステムに含まれる Joliet 拡張を使用しません。

     -o      -o フラグの後には、コンマで区切ったオプション文字列を指定すること
             ができます。指定可能なオプションとその意味は、 mount(8) マニュア
             ルページを参照して下さい。次に示す cd9660 特有のオプションを使用
             可能です:

             extatt          -e と同じです。
             gens            -g と同じです。
             nojoliet        -j と同じです。
             norrip          -r と同じです。
             nostrictjoliet  -b と同じです。

     -r      ファイルシステムに含まれるロックリッジ拡張 (Rockridge extension)
             を使用しません。

     -s startsector
             ファイルシステム開始位置を startsector とします。通常、対象のデバ
             イスが CD-ROM ドライブの場合、 mount_cd9660 はデータを持つ CD-ROM
             の最後のトラックを見つけて、ファイルシステム開始位置をそこである
             とします。デバイスが CD-ROM でない場合もしくは目録が判明しない場
             合、ファイルシステムはセクタ 0 から開始されます。このオプションは
             この動作を変更するものです。 startsector は CD-ROM ブロック、すな
             わち 2048 バイトが単位であることに注意して下さい。これは
             cdcontrol(1)info コマンドの例が示す通りです。

     -v      どのセクタから開始するかについての決定について冗長に報告します。


関連項目

     cdcontrol(1), mount(2), unmount(2), fstab(5), mount(8)


バグ

     POSIX デバイスノードマッピングは、現在サポートしていません。


ABELNET VPSサービス