mount(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mount

前のページ 上に戻る 次のページ

mount


     mount [-dfpruvw] special | node
     mount [-dfpruvw] [-o options] [-t ufs | lfs | external_type] special node


解説

     mount コマンドは mount(2) システムコールを使用して、 スペシャルデバイスか
     リモートノード (rhost:path) をファイルシステムツリーの node へ接合しま
     す。もし special または node が指定されなかった場合には、 fstab(5) ファイ
     ルから適切な情報を取得します。

     システムは、現在マウントしているファイルシステムのリストを管理していま
     す。 mount コマンドを引数を与えずに実行すると、このリストが表示されます。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -a      fstab(5) に記述されているファイルシステムをすべてマウントします。
             例外は、 ``noauto'' が指定されているもの、 -t フラグにて除外され
             ているもの (後述)、既にマウントされているもの (ルートファイルシス
             テムは伝統的なシングルユーザモードの動作を保つために除外されます)
             です。通常、これはシステムの起動時に実行されます。

     -d      システムコールの実行以外のすべてのことを行ないます。このオプショ
             ンを -v とともに指定することで、 mount コマンドが何をしようとして
             いるのかを確認することができます。

     -f      ファイルシステムのマウント状態を読み書き可能から読み込み専用へ変
             更しようとするときに、すでにオープンされているファイルへの書き込
             み許可を強制的に取り消します。また、正常かどうか不明なファイルシ
             ステムも強制的に読み書き可能にマウントします (危険なため注意して
             使って下さい)。

     -o      オプションは -o の後にコンマで区切って指定します。衝突するオプ
             ションが指定された場合、最も右側のオプションが効果があります。以
             下のオプションが指定できます:

             async   指定したファイルシステムのすべての I/O を非同期に行いま
                     す。このフラグを指定することは非常に 危険ですので、システ
                     ムクラッシュ時にファイルシステムを作り直す用意ができてい
                     ないかぎりは使うべきではありません。

             current
                     -u フラグとともに使用された場合、マウントされているファイ
                     ルシステムに対する現在の効果を指定することと同じです。

             force   -f オプションと同じです。ファイルシステムのマウント状態を
                     読み書き可能から読み込み専用へ変更しようとするときに、す
                     でにオープンされているファイルへの書き込み許可を強制的に
                     取り消します。また、正常かどうか不明なファイルシステムも
                     強制的に読み書き可能にマウントします (危険なため注意して
                     使って下さい)。

             fstab   -u フラグとともに使用された場合、ファイルシステムに対して
                     fstab(5) に列挙されている全オプションを指定することと同じ

             noauto  mount-a フラグ付きで動作しているときに、このファイル
                     システムをスキップします。

             noclusterr
                     リード時のクラスタリングを無効にします。

             noclusterw
                     ライト時のクラスタリングを無効にします。

             nodev   ファイルシステム上のキャラクタスペシャルデバイスやブロッ
                     クスペシャルデバイスを解釈しません。このオプションは、サ
                     ーバが自分自身以外のアーキテクチャ用のスペシャルデバイス
                     を含むファイルシステムを持っている場合に有用です。

             noexec  マウントしているファイルシステム上のバイナリの実行を許可
                     しません。このオプションは、サーバが自分自身以外のアーキ
                     テクチャ用のバイナリを含むファイルシステムを持っている場
                     合に有用です。

             nosuid  実効ユーザ ID (set-user-ID) セット、実効グループ ID (set-
                     group-ID) セットビットの効果をなくします。注意:
                     suidperl(1) のような suid/sgid ラッパが誰でも使えるように
                     システムにインストールされている場合には、価値がありませ
                     ん。

             nosymfollow
                     マウントされたファイルシステムにおいては、シンボリックリ
                     ンクを追跡しません。

             rdonly  -r と同じく、マウントするファイルシステムを読み込み専用と
                     します (スーパユーザでも書き込みできなくなります)。

             sync    ファイルシステムのすべての I/O を同期的に行います。

             suiddir
                     マウントされたファイルシステムにおけるディレクトリに SUID
                     ビットがセットされると、新規ファイルの所有者をディレクト
                     リの所有者に設定します。新規ディレクトリは親ディレクトリ
                     のビットを継承します。実行ビットはファイルから取り除か
                     れ、ファイルは root の所有とはなりません。

                     この機能は PC ユーザに対して ftp, SAMBA, netatalk のサー
                     ビスを行うファイルサーバのためにデザインされました。これ
                     はシェルユーザに対してセキュリティホールとなりますので、
                     特にホームディレクトリを持つシェルマシンでは使用すべきで
                     はありません。このオプションが動作するためには、カーネル
                     の SUIDDIR オプションが必要です。 UFS ファイルシステムの
                     みがこのオプションをサポートします。詳細は chmod(2) を参
                     照してください。

             update  -u と同じく、すでにマウントされているファイルシステムの状
                     態を変化させることを指示します。

                   mount -t mfs -o nosuid,-N,-s=4000 /dev/dk0b /tmp

             では、 mount コマンドは以下と同じものを実行します:

                   /sbin/mount_mfs -o nosuid -N -s 4000 /dev/dk0b /tmp

             ファイルシステムタイプに固有な追加オプションで、内部的には分から
             ないもの (下記 -t オプションを参照してください) は、関連する
             /sbin/mount_XXX ユーティリティのマニュアルページに記述されている
             かもしれません。

     -p      マウント情報を fstab(5) の形式で表示します。暗黙的に -v オプショ
             ンを指定します。

     -r      ファイルシステムをリードオンリーでマウントします (スーパユーザで
             も書き込みは行えません)。これは、 -o オプションで rdonly を指定す
             るのと同じです。

     -t ufs | lfs | external type
             -t のあとの引数にはファイルシステムタイプを指定します。デフォルト
             は、 ufs です。 -t オプションによって、 mount コマンドの操作が、
             指定した特定のタイプのファイルシステムに対してのみ行われるように
             指示することができます。 2つ以上のタイプを指定するにはコンマで区
             切ります。ファイルシステムリストの先頭に ``no'' という文字をつけ
             ることによって、 mount コマンドの操作の対象と しないファイルシス
             テムタイプを指定することができます。以下に例を示します:

                   mount -a -t nonfs,mfs

             は、 NFS と MFS を除いた、すべてのファイルシステムをマウントしま
             す。

             type を内部で解釈できない場合、 mount/sbin/mount_XXX というプ
             ログラムを実行しようとします。 XXX の部分が type になります。たと
             えば nfs ファイルシステムは、 /sbin/mount_nfs というプログラムに
             よってマウントされます。

             ほとんどのファイルシステム用モジュールはカーネル中にない場合、
             ファイルシステム別の mount プログラムによって動的に読み込まれま
             す。そこでは vfsload(3) サブルーチンが使われます。この機構には書
             き込み可能な作業領域が必要なため、 /tmp があるファイルシステムタ
             イプのモジュールはカーネルに組み込まれている必要があります。さら
             に /etc/fstab において、 /tmp/usr/bin/ld があるファイルシステ
             ムは動的に読み込まれるファイルシステムよりも前に記述されていなけ
             ればいけません。

     -u      -u フラグは、すでにマウントしているファイルシステムの状態の変更を
             指示します。ファイルシステムを読み込み専用から読み書き可能へ、ま
             たその逆へも変更することを含めて、すでに説明したすべてのオプショ
             ン (-o オプション) の内容を変更することができます。読み書き可能な
             ファイルシステムを読み出し専用に変更する場合、書き込みのためにオ

     カーネルはそのファイルシステムタイプをサポートしていません。ファイルシス
     テムのサポートは、静的 (カーネルコンパイル時) もしくは動的 ( kldload(8)
     によってカーネルモジュールとしてロードされる) です。通常、 mount もしくは
     そのサブプロセスは、ファイルシステムモジュールが静的に組み込まれていない
     場合は、 vfsload(3) を使用して動的にそのファイルシステムモジュールをロー
     ドしようとします。この場合上記エラーメッセージは、モジュールをロードする
     パーミッションを持たないことも意味する場合があります。


関連ファイル

     /etc/fstab  ファイルシステムテーブル


関連項目

     mount(2), vfsload(3), fstab(5), kldload(8), mount_cd9660(8),
     mount_fdesc(8), mount_kernfs(8), mount_mfs(8), mount_msdos(8),
     mount_nfs(8), mount_null(8), mount_portal(8), mount_procfs(8),
     mount_umap(8), mount_union(8), umount(8)


バグ

     異常なファイルシステムをマウントすると、システムクラッシュを引き起こすこ
     とがあります。


警告

     mount に成功した後にマウントされたファイルシステムから .. がアクセス可能
     かどうかは、元のマウントポイントのパーミッションが決定します。全ユーザが
     双方向にマウントポイントを行き来可能とするために最低限必要なパーミッショ
     ンは 0111 (全員が実行可能) です。


歴史

     mount コマンドは Version 1 AT&T UNIX から登場しています。

4th Berkeley Distribution        June 16, 1994       4th Berkeley Distribution

ABELNET VPSサービス