mld6query(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mld6query

前のページ 上に戻る 次のページ

mld6query




解説

     mld6query は、 maddr が示すマルチキャストアドレスを対象としたマルチキャス
     トリスナ探索 (MLD) 問い合わせパケットを、インタフェース intface へ向けて
     送ります。 maddr を省略すると、リンクローカル全ノードマルチキャストアドレ
     ス (ff02::1) が使用されます。

     問い合わせを送信すると、 mld6query は最大 10 秒間応答を待ちます。応答が
     返ってきたら、 mld6query は応答とその種類を出力し、それから他の応答を待ち
     ます。

     このプログラムはデバッグ用にのみ提供されるものです。通常の使用には必要あ
     りません。

     -d オプションをつけると、 mld6query は MLD 問い合わせパケットではなく MLD
     完了パケットを送信します。同様に -r オプションをつけると、 MLD レポートパ
     ケットが送信されます。 -dr オプションはデバッグ用にだけ存在しています。


戻り値

     このプログラムは成功時には終了ステータス 0 で終了し、失敗時には終了ステー
     タスは 0 以外で終了します。


歴史

     mld6query コマンドは、WIDE/KAME IPv6 プロトコルスタックキットで最初に登場
     しました。


バグ

     mld6query はリンクローカルスコープにないマルチキャストアドレスのことは考
     慮していません。

FreeBSD 4.4                      May 17, 1998                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス