mknod(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mknod

前のページ 上に戻る 次のページ

mknod




解説

     mknod はデバイス特殊ファイルを作成します。通常、シェルスクリプト
     /dev/MAKEDEV で、よく知られている特殊ファイルを作成することができます。こ
     のスクリプトは、 mknod に適当な引数を渡して実行し、必要なすべてのデバイス
     ファイルの作成をします。

     mknod の引数としては、以下の 4 つが必要です。

     name    デバイスファイル名です。たとえば ``sd'' は SCSI ディスクで、
             ``pty'' は疑似デバイスです。

     b | c   デバイスのタイプを指定します。ブロック型のデバイスは、 b を指定し
             ます。テープやディスク等がこれに該当しますが、ブロック型特殊デバ
             イス (cooked) とキャラクタ型特殊デバイス (raw) の両方の特殊ファイ
             ルが必要です。キャラクタ型のデバイスは、 c を指定します。端末や疑
             似デバイス等がこれに該当します。

     major   メジャーデバイス番号を指定します。メジャーデバイス番号は、どのデ
             バイスドライバエントリを使用すべきをカーネルに示します。メジャー
             デバイス番号とデバイスの対応を知るには、 /dev/MAKEDEV を見るか、
             システム依存のデバイス設定ファイル

                   ``/usr/src/sys/conf/device.<architecture>''
             を見てください。

     minor   マイナデバイス番号を指定します。マイナデバイス番号は、デバイスの
             どのサブユニットが特殊ファイルに対応するのかをカーネルに示しま
             す。例えば、サブユニットはファイルシステムのパーティションだった
             り端末ラインだったりします。

     owner:group
             owner group オペランドの組はオプションですが、どちらかが指定され
             た場合には両方の指定が必要です。 owner は数値のユーザ ID でもユー
             ザ名でも良いです。そのユーザ名が数値のユーザ ID にもある場合に
             は、オペランドはユーザ名として使用されます。 group は数値のグルー
             プ ID でもグループ名でも良いです。ユーザ名と同様、そのグループ名
             が数値のグループ ID にもある場合には、オペランドはグループ名とし
             て使用されます。

     メジャーデバイス番号およびマイナデバイス番号とも strtoul(3) が受け付ける
     任意の形式で指定可能です。 `0x' で始めることにより 16 進数と、 `0' で始め
     ることにより 8 進数であると解釈させる事が出来ます。


互換性

     chown(8) のような機能は FreeBSD 固有であり、 /usr がマウントされているこ
     とに /dev/MAKEDEV が依存しないようにするために追加されました。


関連項目

     mkfifo(1), mknod(2), chown(8), MAKEDEV(8)


歴史



ABELNET VPSサービス