mknetid(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mknetid

前のページ 上に戻る 次のページ

mknetid


             [-n netid_file] [-d domain]


解説

     mknetid は以下のファイル group(5), passwd(5), hosts(5), netid(5) の内容を
     処理し、 NIS マップ netid.byname を生成するのに用いる形式に変換します。こ
     のマップは、OS に依存しない形式でユーザとホスト双方の信用情報を保持するた
     めに用いられます。

     mknetid コマンドは重複した netid の出現をチェックし、それらを除去します。

     mknetid コマンドは結果を標準出力に出力します。通常は NIS マップを再構築す
     る際に /var/yp/Makefile からのみ呼び出されます。


オプション

     mknetid コマンドには以下のオプションがあります:

     -q      通常、 mknetid は重複した netid を見つけると警告メッセージを表示
             しますが、このオプションにより「静粛」モードとなり、警告は抑制さ
             れます。他のエラーメッセージはそのまま表示されます。

     -g group_file
             -g オプションはグループ情報ファイルの場所を指定するのに用いられま
             す。コンパイル済みのデフォルト値は /etc/group です。

     -p passwd_file
             パスワード情報ファイルの場所を指定します。コンパイル済みのデフォ
             ルト値は /etc/passwd です。

     -h hosts_file
             ホストデータベースファイルの場所を指定するのに用いられます。コン
             パイル済みのデフォルト値は /etc/hosts です。

     -n netid_file
             netid 情報ファイルの場所を指定します。コンパイル済みのデフォルト
             値は /etc/netid です。注: netid データベースが見つからなくてもエ
             ラーにはなりません。 FreeBSD で Secure RPC がサポートされるように
             なるまでは、ほとんどのシステムでは netid データベースは存在しない
             ことでしょう。

     -d domain
             mknetid コマンドが netid レコードを生成する際、デフォルトでは、シ
             ステムのドメイン名を用います。もしシステムのドメイン名が設定され
             ていないなら、 -d オプションによってコマンドラインからドメイン名
             を指定しなければなりません。ドメイン名が設定されている場合、 -d
             オプションによってその設定値を上書きすることもできます。


関連ファイル

     /var/yp/Makefile  NIS データベースを構築するために yp_mkdb および mknetid
                       を呼び出す Makefile
     /etc/group        デフォルトのグループデータベースファイル
     /etc/passwd       デフォルトのパスワードデータベースファイル
     /etc/hosts        デフォルトのホストデータベースファイル

ABELNET VPSサービス