mixer(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mixer

前のページ 上に戻る 次のページ

mixer


           ...]


解説

     mixer コマンドはサウンドカードのミキサデバイスのレベルを変更あるいは表示
     するのに用いられます。サウンドカードからの録音の開始および停止の制御にも
     用いられます。変更可能なミキサデバイスは以下の通りです:

           vol, bass, treble, synth, pcm, speaker, mic, cd, mix, pcm2, rec,
           igain, ogain, line1, line2, line3

     必ずしも上記全てのミキサデバイスが設定可能なわけではありません。

     mixer が引数なしで起動されると、サポートされている全デバイスが現在の値と
     共に表示されます。引数 dev が指定されると、その dev の設定値だけが表示さ
     れます。

     ミキサの値 dev を変更する場合、オプションにより lvol[:rvol] の形式で左右
     のチャネル設定を指定できます。 lvol および rvol 引数の値は 0 から 100 ま
     でです。 dev を省略してチャネル設定のみを含めると、メインボリュームレベル
     を変更します。

     録音デバイスを変更するには以下のいずれかを行ないます:

     -s フラグが使われた場合、現在のミキサ値が表示されます。この書式は、将来
     mixer を (前述のように) 起動するときにコマンドライン引数として使用できる
     ものです。

           ^rec  rdev が録音可能デバイスであるかどうかを切り替える

           +rec  rdev を可能な録音デバイスに加える

           -rec  rdev を可能な録音デバイスから取り除く

           =rec  録音デバイスを rdev と設定する

     上記コマンドは内部マスク上で動作します。全オプションが解析されると、設定
     がなされてからサウンドカードのマスクが読まれます。これにより、サウンドカ
     ードが録音デバイスに何を使用しているのかを「正確」に知ることができます。

     オプション recsrc は現在の録音デバイスを表示します。

     オプション -f /dev/mixerdevice をミキサデバイスとしてオープンします。


関連ファイル

     /dev/mixer  デフォルトのミキサデバイス


関連項目

     cdcontrol(1)


歴史

     mixer コマンドは FreeBSD 2.0.5 で初めて登場しました。


ABELNET VPSサービス