memcontrol(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

memcontrol

前のページ 上に戻る 次のページ

memcontrol



     memcontrol set -b base -l length -o owner attribute

     memcontrol clear -o owner

     memcontrol clear -b base -l length


解説

     サポートしている多くのシステムアーキテクチャは、書き込まれるメモリ領域に
     応じて異なる振舞いをするように、 CPU キャッシュをプログラム可能です。

     memcontrol はこの機構に対するインタフェースを提供し、システムの物理メモリ
     の範囲ごとに、 CPU キャッシュの挙動を変更可能とします。

     この範囲というのは、普通は大きさも境界も 2 のべき乗になっていますが、その
     配置を決めるルールはアーキテクチャによって様々です。 memcontrol プログラ
     ムはこのルールを強要しようとはしませんが、間違った組合せを設定しようとす
     ればシステムが拒絶するでしょう。

     list   メモリ範囲を一覧します。

            [-a]    たとえ無効であっても、全てのメモリ範囲を一覧します

     set    メモリ範囲の属性を設定します。

            -b base
                    メモリ範囲の開始アドレス

            -l length
                    メモリ範囲のバイト単位の長さ (2 のべき乗で)

            -o owner
                    この設定を示す owner 識別テキスト (最大 7 文字)

            attribute
                    このメモリ範囲に適用する属性。 uncacheable write-combine
                    write-through write-back write-protect の内の 1 つ

     clear  メモリ範囲の属性を消去します。 owner を指定するか、開始アドレス/長
            さの組合せを指定して消去します。

            owner に基づいて消去する場合:

            -o owner
                    この owner に所属する全てのメモリ範囲を消去

            開始アドレス/長さの組によって消去する場合:

            -b base
                    メモリ範囲の開始アドレス

            -l length

ABELNET VPSサービス